初対面の会話で好感度アップ!手軽にできる会話術とは?カウンセラーがご紹介

2017.02.10公開 2018.11.26更新
 

「初対面の人とはなかなかうまく話せない」なんてことはよくありませんか?

 

何を話したらよいのかわからず、あまり打ち解けられないまま終わってしまう…

 

いわゆる「人見知り」がひどい…

 

そんな経験はありませんか?

 

人との出会いは色々なところに転がっています。

 

せっかく出会った人なのだから、できれば楽しく会話したいところですよね。

 

そこで今回は、初対面の人との会話で気軽に使える会話術についてご紹介します。

 

 

最初の5秒は笑いかける

人の印象は「最初の5秒で決まる」とも言われています。

 

また人は空気を読むことに長けています。

 

直感的に、「この人は今不機嫌そうだ」「調子がよさそうだ」というのを感じ取ることができるのです。

 

そこで初対面の人と話すときには、まず最初の5秒間、にっこりと笑いかけるようにしましょう。

 

表情は、その人の印象に大きく影響します。

 

いつも無表情の人は何を考えているかわからない、いつも眉間に皺を寄せている人は気難しそう、というようなイメージはありませんか?

 

それと同じように、いつも笑顔の人は朗らかで話しやすそうな印象を受け安いものです。

 

初対面の人と話すとき、人見知りをしてしまうのは当たり前のことです。

 

しかし、警戒心を顔に出してしまうと、相手もまたあなたと距離をとった接し方をせざるを得ません。

 

最初の5秒間だけでも、意識して笑顔をキープしながら「はじめまして」とあいさつをすることで、相手だけでなく自分の心の緊張をほぐすことができます。

 

【監修】杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください