【第5話:君の役目】〜お父さんうつ日記〜

2017.03.08公開 2017.04.25更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
26

家族メンバー紹介も今回が最後です。今回はうちのワンコについて。

 

 

170228_6

 

 

我が家のワンコは、父が10年前にうつ病を患い、治療の末、職場復帰した頃に飼い始めました。

 

私が「犬飼いたい!」とずっとおねだりしていたところに、「アニマルセラピーってあるって言うし」と意外にも父が乗ってきて、あれよあれよという間に決まったことなのでした。

 

以来、ワンコは我が家のアイドルで、特に父に甘やかされたので、心なしか私と性格が似ました。

 

10年経って、父もワンコも年を取りました。父が休職した今、父と一番長く一緒にいるのは、他でもないうちのワンコです。

 

前と変わらず、父の癒しになっているといいなぁと思って、この4コマを描きました。

 

これを描いた頃、父の外出の機会といったら、通院と、コンビニでのお昼ご飯の買い物と、ワンコの散歩でした。

 

父は病気になってから、外に出ることがずっと少なくなっていたので、(半強制的にでも)外出する機会があってよかったんじゃないかなと、“勝手に”思っていました。

 

というのも、仕方ないとはいえ、ほとんど家の外に出ない状態というのは、私にはなんとなく不健康な生活スタイルに見えていたからです。

 

だからこそ、「父に外出してもらいたい」と無意識的に望み、「ワンコの散歩」という名の外出の機会を父が得ていたことに、多少の安堵を覚えたのでしょう。

 

結局は、“不健康”が父と重なるのが嫌で、何とかして父の生活の中に“健康”な部分を見つけたかったんでしょう。

 

なかなか自分勝手な思考だったなぁと今になって思います。

 

【第6話:これからも】を読む

 

 

 

16787940_1269918076427760_1289585785_n

【執筆】

シブ子

 

 

 

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
26

関連記事