【嫌われる勇気 第7話】あらすじと感想をカウンセラー目線でご紹介!

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
18

2月23日(木)にドラマ「嫌われる勇気」第7話「仲間を救え!刻む死の秒読み爆弾魔VS蘭子」が放送されました。

 

今回は、刑事課8係に爆弾が持ち込まれてしまいます。

 

犯人の目的はどうやら庵堂蘭子で、爆発を阻止するため、爆弾魔と庵堂蘭子の頭脳戦が繰り広げられます。

 

そして、庵堂のバディである青山年雄は、爆弾を手離せずにその場から動けないまま、庵堂蘭子をひたすら信じ、待ち続けます。

 

その前に、青山は大文字教授を訪ね、心理学巨匠の1人であるアルフレッド・アドラーの「共同体感覚」についての教わっていました。

 

それではドラマ「嫌われる勇気」第7話のあらすじと感想を、カウンセラー目線でこれから綴っていきます。

 

 

「嫌われる勇気第7話」のあらすじ

庵堂蘭子が出勤すると、応接室で青山と課長の半田が、佐藤という男性から相談を受けていました。

 

佐藤は先日起こった爆発事件を目撃し、「犯人に命を狙われているから保護してほしい」と青山に訴えました。

 

佐藤は持っていた黒いカバンの中身を出すようと青山に指示し、青山がカバンを開けてみるとそこには、ぬいぐるみ・スマホ・タブレットが入っていました。

 

青山がぬいぐるみを取り上げると、「それには爆弾が仕掛けられていて、下に置くと爆発する」と佐藤に言われます。

 

その時、犯人からスマホに着信があり「自分は先日の爆発事件の犯人で、8係を監視している。もし外部と連絡を取ろうものならぬいぐるみを爆発させる」と言ってきました。

 

「目的は何?」と聞いた庵堂蘭子に対し、犯人は「君と勝負がしたい」と言い、どうやら犯人は庵堂蘭子を知っているようでした。

 

その後すぐ犯人から二度目の着信があり、「自分が指定した場所にある手紙に書かれたクイズに答えろ」と庵堂蘭子に命令します。

 

庵堂蘭子は1枚の写真をヒントにその場所へ向かいます。

 

ぬいぐるみの爆弾を抱えた青山は、不安を感じながらも庵堂蘭子を信じて待ちます。

 

犯人の狙いは庵堂蘭子なのに、巻き込まれてしまった青山は気の毒だと佐藤は言います。

 

それに対して青山は、自分と蘭子は共同体だと言葉を返します。

 

実はこの出来事の直前に、この「共同体感覚」こそがアドラー心理学のゴールだと青山は大文字教授から教えられていたのでした。

 

 

大文字教授が伝えたアドラー心理学にまつわる言葉

確かに「嫌われる勇気」を持つだけではいけません。あくまでそれは出発点であって、目指すべきゴールは別のところにあるんです。

 

アドラー心理学のゴールは「共同体感覚」です。

 

全ての他者は私と同じ共同体に属する「仲間」である。仲間に囲まれた私はここにいることを許されている。

 

ここには私の居場所があり、私が貢献すべき他者がいる。これが「共同体感覚」と呼ばれる考え方です。

 

 

周りに流されない庵堂蘭子の言葉

言いたいことはそれだけですか。お断りします。これ以上あなたの言いなりにはなりません。

 

あなたの独りよがりの茶番もこれで終了です。

 

今のあなたは見返りばかりを求めています。認めて欲しい、褒めて欲しい、大事に扱って欲しい、そればかりです。

 

あなたが警察に貢献したことは認めます。でも、本当の貢献とは見返りとは無縁に行われるものです。

 

用があるので先に帰ります。お疲れ様でした。

 

 

「嫌われる勇気第7話」の感想

最初、青山は大文字教授から教わったアドラー心理学による「共同体感覚」と「嫌われる勇気」は相反するものだと思い、矛盾を感じていました。

 

今回の庵堂蘭子の「人に見返りを求めて何かをするのではなく、私が私の思う貢献をただこなしていく」という言動を見て、青山はアドラー心理学でいう「共同体感覚」と「嫌われる勇気」の繋がりを理解します。

 

ストーリーの中で青山は「庵堂蘭子を無条件に信頼する自分を信じる」と言っていました。

 

これは「嫌われる勇気第6話」にあった「信用と信頼」に繋がっていますね。

 

青山自身も、アドラーの教えを大文字教授から毎回教わるうちに徐々に理解し、実践して身についていることが伺われます。

 

他者の意見に左右されたり流されるのではなく、自分を中心・軸にして感情や行動を決めることが大事だとこのドラマは教えてくれます。

 

世界には74億人ほどの人がいて、同じ人間は2人といません。

 

1人1人個性があり、それぞれの役割があります。

 

自分が出来ること、貢献できることはそれぞれあるのです。

 

自分の貢献が人から認めてもらえなくても、人から褒められなくても、人から大事に扱わられなくても、自分が一番自分を見ていますし、分かっています。

 

人の目を気にしなくても、自分が一番自分の理解者です。

 

あなたも、他人を意識せずに自分ができる貢献、自分がしたい貢献をただただやっていく勇気を持ちませんか?

 

今後もこのドラマで、アドラー心理学の教えや庵堂蘭子の生き方を通じて、あなたの今後の人生の生き方や在り方のヒントになる部分が大いに出てくるのではないかと思います。

 

引き続き、ドラマ「嫌われる勇気」のあらすじと感想を書き綴っていきますのでご期待下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。  

 

 

【執筆者】

萩原あみ

日本健康心理学会認定健康心理士
㈱アイ・ディア・ヒューマンサポートサービス認定カウンセラー
㈲スピードコーチング認定コーチ

ホームページはこちら

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
18

関連記事