【嫌われる勇気 第8話】あらすじと感想をカウンセラー目線でご紹介!

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
18

3月2日(木)にドラマ「嫌われる勇気」第8話「死者からの復讐!?連続殺人犯からの招待状」が放送されました。

 

今回は、庵堂蘭子やその家族の過去が事件に関わっており、庵堂蘭子は自分1人で犯人を捕まえようとして、少々冷静さを失います。

 

庵堂蘭子に「別行動で」と言われた、庵堂のバディである青山年雄は大文字教授訪ね、心理学巨匠の1人であるアルフレッド・アドラーの「今、ここ」について教わった青山は、事件解決に向けて大活躍します。

 

それでは、ドラマ「嫌われる勇気」第8話のあらすじと感想を、カウンセラー目線でこれから綴っていきます。

 

 

「嫌われる勇気第8話」のあらすじ

医療機器メーカー勤務の松田がバットで頭を殴られて殺害されているのが見つかり、その現場の近くの壁に「六五」という数字が赤いスプレーで書かれていました。

 

翌日、8課の捜査会議中に、鑑識の由稀菜が凶器のバットに付着した指紋が、誰のものかが分かったと駆け込んできました。

 

驚くことにその人物は、15年前に殺害された中学生の鈴木将也でした。

 

しかも、凶器のバットは、5年前に製造されたものなので、なぜ15年前に亡くなった鈴木の指紋が付いたのかと謎が深まります。

 

捜査を進めていくと、殺害された松田は15年前に鈴木を殺害した加害者の1人であることが判明しました。

 

15年前、松田は不良グループの一員でした。

 

鈴木を殺害した主犯はグループリーダーの佐野で、その時見張りをしていたのが、松田と前畑という男でした。

 

その殺害事件で佐野は有罪判決となり、17年の懲役刑を受け服役中でしたが、ここ最近刑期を終えて出てきていました。

 

松田と前畑は、事件の翌日に自首をして証言をしため、服役にはなりませんでした。

 

松田の携帯を調べると、殺害される少し前に「何者かに命を狙われている」と、前畑に知らせていたことが分かりました。

 

半田課長は青山に、大文字のところへ行って「六五」の解釈を聞いてきてくれと命じます。

 

青山は庵堂蘭子に声をかけると、今回は別行動だと言われ、庵堂蘭子はそのまま出て行ってしまいます。

 

庵堂蘭子は鈴木の実家を訪れ、母親に鈴木の遺品を見せてほしいと頼みますが、母親から遺品は次男がすべて捨ててしまったと言われます。

 

青山も鈴木の実家を訪ね、作業場で働いている次男の夏輝から庵堂蘭子も来ていることを知るのでした。

 

 

大文字教授が伝えたアドラー心理学にまつわる言葉

これはアドラー心理学でいうところの「注目喚起」に他なりません。つまり他者の注目を集め、普通の状態から脱し、特別な存在になろうとしている。

 

健全な努力を重ね、いい結果を出して、周囲から認めてもらえれば問題ありませんが、もっと手っ取り早く他者から認めてもらいたいと願う人がいます。その人たちは特別に悪くあろうとすることで、他者の注目を集めようとするのです。アドラーはこれを「安直な優越性の追求」と呼んでいます。

 

多くの人は普通の自分を受け入れることができない。そこでアドラーが大切にしているのが「普通であることの勇気」なのです。

 

普通であることを拒絶する人の多くは、普通であることを無能であると捉えてしまいます。

 

特別であることを目指す生き方っていうのは、「金メダル以外を認めない」生き方なのです。一方アドラーはこう考えます。わたしたちは常に「今、ここ」を生きている。たとえ計画通りに行かずに別の道にたどり着いたとしても、「今、ここ」が充実してればそれでいいのだと。

 

過去にどんなことがあったかなど、あなたの「今、ここ」には何の関係もないし、未来がどうであるかなど、「今、ここ」で考える問題でもない。

 

過去にとらわれずに未来に怯えない「今、ここ」を真剣に生きる、それだけでいいんです。たとえ普通であっても。

 

 

アドラー心理学を理解してきた青山年雄の言葉

庵堂さんがどう思おうと、僕はあなたのバディです。今までも、そしてこれからも。

 

その考え、明確に否定します。

 

被害者の遺族として深い傷を負った気持ちは僕には計り知れません。だけど、今うまくいっていないのは過去に辛い出来事があったからと決めつけるのは絶対間違っている。そんなのただ言い訳に使っているだけです。

 

あなたはもっと「今、ここ」を生きるべきだったと思います。

 

 

「嫌われる勇気第8話」の感想

今回ドラマに出てきた「今、ここ」という考え方は、心理学においてとても重要なポイントです。

 

ついつい人は、過去の後悔や未来の不安に考えや感情に囚われて、「今、ここ」から気持ちが離れてしまいがちです。

 

「今、ここ」で自分は何をすべきなのか、どうすれば自分は満たされるのかを考え実行することが「今を生きる」ということなのです。

 

また、今を真剣に生きているのであれば、自分が特別である必要はなく、人から認められたいと思う必要もなく、自分は普通であるということを受け入れ、「普通である勇気」を持つことが大事だとアドラーは教えてくれました。

 

あなたも、これからは人に手っ取り早く認められたいと「安直な優越性の追求」するのではなく、過去や未来にとらわれず、「今、ここ」で何をしたいかを常に意識して、普通であることを受け入れる勇気を持ちませんか?

 

今回は、アドラーの教えや庵堂蘭子のことを徐々に理解してきた青山が活躍し、刑事としての成長が見られましたね。

 

ドラマが終盤に近づいてきて、庵堂蘭子の過去の誘拐事件や、父親の失踪事件との関連性も徐々に出始めてきました。

 

次回もこのドラマで、アドラー心理学の教えや庵堂蘭子の生き方を通じて、あなたの今後の人生の生き方や在り方のヒントになる部分が大いに出てくるのではないかと思います。

 

引き続きドラマ「嫌われる勇気」のあらすじと感想を書き綴っていきますのでご期待下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

【執筆者】

萩原あみ

日本健康心理学会認定健康心理士
㈱アイ・ディア・ヒューマンサポートサービス認定カウンセラー
㈲スピードコーチング認定コーチ

ホームページはこちら

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
18

関連記事