目標を見失い、気持ちは落ち、自殺をしかけて、どん底を味わう

2017.03.13公開 2018.04.09更新
 
シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

現在27歳。昨年の夏の終わり、2ヵ月半務めたスポーツクラブを退社しました。理由は様々ありますが、一番は耐えられなかったことでした。

 

以後、目標を完全に見失い、気持ちはどんどん落ちて、ついには自殺をしかけるまで「どん底」を経験しました。

 

生きているのに、生きている心地が全くしない。

 

これまでも、どん底は2回ほど経験していましたが、今回のどん底は対処しきれず、何をやっても光が見えてこないし、意味が見いだせない日々でした。

 

3か月が経ち、何とかパートタイマーの仕事に着手できるようになりましたが、かつての自分はいません。

 

未だに、過去の体験に苦しみ、恐怖心を感じたり、不安定で落ち込みながらも仕事を続けています。

 

「仕事=人生」

 

そんな人生観が嫌でも、社会的にも経済的にも付きまとうのですから、生き辛い。

 

子供たちと関わる現職から、また次の道を探す毎日です。

 

ペンネーム:青空を駆ける 様

 

 

青空を駆けるさんの体験談

【第1回】目標を見失い、気持ちは落ち、自殺をしかけて、どん底を味わう

【第2回】人生をあきらめたくない想いが未来に繋がった

【第3回】前回の投稿から半年…訪れた2つの良い変化

【第4回】仕事を辞め、自分を信じて進んでいくために考えていること

【第5回】スーパーネガティブ思考の自分が変われた1つの方法

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

関連記事