【第16話:そりゃそうだよね】〜お父さんうつ日記〜

2017.04.23公開 2017.04.26更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
32

今回は父の母、つまり私の祖母についてのお話しです。

 

170228_17

 

 

祖母は持病があって、かれこれ10年以上も定期的に大学病院で診察を受けています。

 

その大学病院は祖母の家から車で1時間ほど掛かるところにあります。祖母はここ数年で急に老いが進んだので、通院には父が付き添うようになっていました。

 

父が、うつ病を再発して以降は、私も交代で祖母の通院の付き添いをするようになりました。

 

祖母は疲れるからといって、通院を嫌っていました。少し認知が弱まったこともあってか、妙にせっかちになって、順番を待つことに強いストレスを感じていたようでした。

 

そんな祖母との会話は同じ内容の繰り返しも多く、

 

「もう診察室行こうかな」

「そうだね、でもまだ順番が来てないよ」

 

と、5分に1回は言っていたような気がします。

 

もちろん、ストレスを感じていたのは祖母だけでなく、私もそうでした。

 

朝早く起きて、病院に向かって、長い時間待って診察をしたら、またお会計で待って、そして長い道のりを帰って……。

 

こんなことを月に1~2回もやってたら嫌になるだろうぁと思ってたところに、祖母が「もう行きたくない」と言ったんです。

 

「そりゃそうだよなぁ」と思いました。できるならそうしてあげたい、と。

 

ちなみにその後、主治医に祖母の家の近くの病院を紹介してもらい、今では随分通院も楽になったようです。

 

今思えば、当時、父が病気になっても、祖母の通院に付き添いをしていたことは、結構すごいことなんじゃないでしょうか。

 

私たちの家から祖母の家までは、電車で2時間半ほど掛かります。

 

ターミナル駅での人込みを掻き分けての乗り換えや、満員電車は父にとってとてもストレスフルだったかもしれない。

 

そんな中、実家に向かい、母親の通院の付き添いをするというのは、病気じゃなくてもそこそこ大変なことです。

 

それでも私に任せっきりにしなかったのは、きっと父がそれだけ祖母のことが好きだったからなんでしょうね。

 

(ちなみに私も祖母のことが大好きです。)

 

 

【第17話を読む】

 

16787940_1269918076427760_1289585785_n

【執筆】

シブ子

 

 

 

 

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
32

関連記事