うつ病を美談にはできない【小松亜矢子さん第7回】

2017.04.24公開 2018.10.28更新

うつ病に限らず、いろいろな病気を経験した人たちの中には、

 

「病気になって学んだことがある」

「病気があったから今の私がある」

 

と、上手に受け入れてプラスに捉えられている方がいます。

 

そう思えることは素晴らしいと思うけれど、そう思えないとダメな気もしてしまいませんか?

 

私は、病気の体験を上手に受け入れてプラスに捉えられてなくてもいいと思っています。

 

【まとめ記事】

>>看護師でうつ病に…『うつ病10年。たどり着いた場所』【全9回】

 

病気はならないに越したことはない

病気って、ならないで済むのであれば、絶対にならないほうがいいはず。

 

お金も時間もかかるし、

働けないこともあるし、

たくさんの人に心配や迷惑をかけるし……

 

マイナスなことや、つらい思いをすることがたくさんあるからです。

 

私も、うつ病にならなくて済むのなら、経験したくはなかったです。

 

うつ病を乗り越えるのにかかった時間でできたことは、たくさんあったはず。うつ病になる前に気づくこともできたはず。

 

今はうつ病も乗り越えて、楽しく暮らせるようになったし、うつ病になったから気づけたこともありました。

 

それでもやっぱり、うつ病になった経験は必要だったかと言われると、必ずしもそうではないなと思うのです。

 

 

重要なのは、どう糧にするかということ

病気の経験はないほうがいいけれど、なってしまった事実は変えられません。

 

病気をどう乗り越えるか、病気とどう付き合っていくのか。そして、その経験をどうこれからの糧にしていくのかが大切だと思っています。

 

私は試行錯誤をしながら、どうにか、うつ病のひどい時期を乗り越えることができました。

 

この経験を無駄にしないために、二度と同じ思いをしないよう気をつけたり、誰かに相談されたら、精一杯のことを話したり、必要があれば、こうやって文章にしたりしています。

 

これは私なりの、うつ病になった経験の昇華方法。

 

きっと、病気の経験をうまくプラスに捉えられている人たちも、たくさんの試行を重ねた結果、そう思えるようになったのではないかと思います。

 

 

うつで苦しむ時間を少なくするために

うつ病になったばかり、あるいはまだ闘病中といった状況では、うつ病になったという事実をプラスに考えることは難しいかもしれません。

 

乗り越えられたとしても、プラスになると思えない場合もあるかもしれません。

 

捉え方は人それぞれですから、それでもいいと、私は思います。

 

うつ病を経験した人全員が、その経験を生かした何かをする必要もないんです。

 

まずは、安定した生活ができて、うつで苦しむ時間が少なくなることが大切

 

その経験をどう捉えてどう糧にしていくのかは、その後にゆっくりと考えてみればいいのではないでしょうか。

 

>>【第8回】うつ病を再発させないためにやっている7つのこと

 

【まとめ記事】

>>看護師でうつ病に…『うつ病10年。たどり着いた場所』【全9回】

小松亜矢子

元看護師のフリーライター

自衛隊中央病院高等看護学院卒。22歳でうつ病を発症し、寛解と再発を繰り返し今に至る。自分自身のうつ病がきっかけで夫もうつになり最終的に離婚。夫婦でうつになるということ、うつ病という病気の現実についてもっと知ってほしいと思い、ブログやウェブメディアを中心に情報発信中。

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください