うつ病と併発した障がい【ワクイヒトシさん第6回】

2017.04.25公開 2017.05.10更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
36

うつ病は色々な障がいと重なる、併発する病気だと思っています。

 

つい先日も、大学時代の後輩から、うつ病、不安障害、睡眠障害、パニック障害対人恐怖症と診断されてしまったという相談を受けました。

 

第6回の今回は、私自身が経験した、または経験している「うつ病と併発した障がい」について、記していきたいと思います。

 

 

うつ病になる前

うつ病と併発した障がいの話の前に、うつ病になる前の話もしておきたいと思います。

 

「もしかしたら、うつ病になる前兆、原因だったかも」と、今更ながら思います。

 

 

吃音

幼少期から、吃音、どもりを持っています。

 

数人の人前で話をすることにも敏感で、すごく緊張を感じやすく、そういったタイミングで、吃音の症状が激しくなります。

 

小学生の時、学校の体育館で何かの発表会がありました。

 

そこで、大勢の前で発表する機会があったのですが、僕は自己紹介で失敗しました。

 

「ぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ、僕の名前は…」

 

自己紹介すらできず、先生に止められました。

 

すごく緊張し、上がってしまい、吃音の症状が出てしまいました。

 

この思い出は、今現在でも、人前で話す機会のある時、いつも思い出します。

 

トラウマのように、さらに緊張しやすくなってしまいました。赤面症にもなってしまいました。

 

 

自殺願望

あまり理由は覚えていません。特にひどいいじめにあったわけでもありません。

 

でも、小学生の時、3キロのダンベルで、自分の頭を思い切り殴ったことがあります。

 

つらい時、「もう生きていても仕方ないんじゃないか」って、当時の僕は、簡単な理由で、自傷行為をしていました。

 

 

多動性障がい?

医師の判断をいただいたわけではありませんが、親には多動性障がいを疑われたことがあります。

 

確かに、小学生の頃、土日や夏休みになると、とてもテンションが上がり、騒ぎ放題で、よく両親に怒られていました。

 

異常に元気になり、落ち着かず、常に何かしたいとごねていました。

 

 

うつ病になった後

睡眠障害

うつ病といえば、ほとんどの人が併発してしまうのではないかと思います。

 

私もかかりました。今はあまり使っていませんが、会社員時代は特にひどく、睡眠導入剤も使って、なんとか会社に行っていました。

 

 

嘔吐恐怖症

電車などで、気持ち悪くなることが多く、吐き気に対して、とても恐怖心を抱くようになりました。

 

昔から車酔いしやすく、小学生の頃は遠足のバスでも、旅行の船の上でも吐いた経験がありますが、その苦い思い出を、つい思い出してしまいます。

 

 

まとめ

軽いうつ病と診断されているのもあるのでしょうか。

 

私の場合は、これくらいしか、うつ病と併発している、思い当たるものはありません。

 

ただ、うつ病になる前のことを振り返ると、「何か、幼少期からおかしかったかな…」と思い当たることがとても多いです。

 

うつ病がトリガーとなって、他の障がいを患ったというよりも、幼少期の悪い思い出が、うつ病を併発してしまったと思えるくらいです。

 

色々重なると、どうしても全てを一気に克服しようとしてしまいますが、焦らずに1つずつ、障がいと思えることを克服していきたいと思っています。

 

 

wakui_1【執筆】

ワクイヒトシ

1991年生まれ。新潟県新潟市出身。大学4年の時、サークル・部活4つ、アルバイト2つ、ゼミ、卒論、大学院授業履修、資格試験勉強、内定先の研修などが重なり、軽度のうつ病を発症。後に、そのままIT系の会社に就職。3年目の時、不眠症の発症やうつ状態の悪化など、明らかにうつ病の症状が悪化したため、3年弱で退職。現在は高知県高知市に移住し、フリーランスとしてWeb制作等を中心に活動中。

 

 

【うつ病のまとめ記事】

 

 

ワクイさんインタビューはこちら

【Part1】当事者が語る、うつ病の初期症状や対応とは?

【Part2】当事者が語る、うつ病の就職問題や今後とは?

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
36

関連記事