僕はずっとうつ病という社会問題に対して活動していく【ワクイヒトシさん最終回】

2017.05.23公開
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
43

先日、自身のWebサービス、うつ病予防.comについての、雑誌とテレビ大阪の取材を受けました。

 

170523_wakui01

 

取材を受け、うつ病は、今や日本の社会問題であることを、改めて実感しました。

 

自身も未だ療養中ですが、

 

「うつ病がなかなか治らず、困っている方を助けたい。」

 

そんなことを、インタビューに答えながら、思いました。

 

最終回の今回は、僕が思う、うつ病について、まとめていきたいと思います。

 

 

どうすればうつ病はなくなるのか

うつ病になった当初、大学4年生の時、

 

「パソコンやスマホ、この世界からなくなればいいのに」

「科学の進歩は人間を不幸にする」

 

と思っていました。

 

いつどんな時・どんな場所でも、気軽に仕事や連絡ができ、便利な反面、これらにより、僕は拘束された気分になりました。

 

また、これらのせいで、大学や家、カフェにいる時間が長くなり、運動をしなくなってしまいました。

 

好きな場所は、深夜まで営業している池袋のカフェでした。深夜の方が、静かで作業が捗ります。

 

一方で、生活リズムが崩壊し、睡眠不足になりました。

 

「いつまでこんな生活をするのだろうか。」

 

会社員を辞める寸前、こんなことを考えていました。

 

少なくとも、僕の場合は、PCやスマホがなかったら、うつ病にならなかったのではないかなと思います。

 

 

うつ病を発症した時の生活は変える

大学時代にうつ病になった僕は、その当時の生活をしばらく続けてしまいました。

 

「これをやらなくてはいけない」

 

そんな使命感を持って、4つの部活・サークルを続けました。

 

でも、今振り返ると、うつ病になった当時の生活を続けて、うつ病がいい方向に回復するとは思えません。

 

より悪化する方向にいってしまう可能性が高いと思いました。

 

会社員時代も、自分に鞭を打って、精神安定剤を服用しながら、無理やり出社していました。

 

これについても今思うと、そんな状態だからうつ病が悪化してしまったのに、その状態を続けていたら、さらに悪くなるはずです。

 

「うつ病になった当時の生活・環境は変えるべき」

 

これは、あくまで自論ですが、今の自分の状況、つまり、東京から高知という田舎に引っ越し、東京ほどのストレスを感じることも少なくなり、少しずつ減薬できている今の状況を考えると、まあまあ当たっているのではないかと思います。

 

 

使命感、責任感は放棄してもいい

自分自身を拘束する一番の原因は、使命感、責任感だと思います。

 

「大学にいかないと親が心配する」

「出社しないと会社に迷惑がかかる」

「担当の仕事をしないといけない」

 

こういった使命感、責任感があると、どうしてもストレスを感じてしまいます。

 

もちろん、迷惑をかけてしまうことは多々あると思いますが、自分の身は自分で守るべきだと、僕は思います。

 

うつ病の方は、使命感、責任感は放棄してでも、うつ病の療養、回復を最優先にすべきだと思います。

 

自分の生きやすいように生きないと、どんどん悪化してしまいます。

 

 

さいごに

最後まで、僕のコラムを読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

自身もうつ病を療養中ですが、今までいろんな方から、うつ病やその他精神疾患の相談をいただいたり、またこうしたWebコラムや、雑誌、テレビの取材などを受けてきました。

 

Remeに掲載するコラムは今回で終わりですが、個人ブログでも、うつ病に関する記事などを書いているので、もしよろしければ、今後とも、こちらもお読みいただければ幸いです。

 

>>ワクイさんのブログはこちら

とりあえず3年の3年が過ぎたので独立した話

 

冒頭にも述べた通り、うつ病は、今や日本の社会問題だと思っています。

 

うつ病当事者として、今後も、うつ病について、当事者としてのエピソードや、思うことを、発信していこうと思います。

 

 

wakui_1【執筆】

ワクイヒトシ

1991年生まれ。新潟県新潟市出身。大学4年の時、サークル・部活4つ、アルバイト2つ、ゼミ、卒論、大学院授業履修、資格試験勉強、内定先の研修などが重なり、軽度のうつ病を発症。後に、そのままIT系の会社に就職。3年目の時、不眠症の発症やうつ状態の悪化など、明らかにうつ病の症状が悪化したため、3年弱で退職。現在は高知県高知市に移住し、フリーランスとしてWeb制作等を中心に活動中。

 

 

【うつ病のまとめ記事】

 

 

ワクイさんインタビューはこちら

【Part1】当事者が語る、うつ病の初期症状や対応とは?

【Part2】当事者が語る、うつ病の就職問題や今後とは?

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
43

関連記事