【第25話:ゆっくり休んで】〜お父さんうつ日記〜

2017.06.19公開 2017.06.24更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
46

母が父と衝突したあの日(第19話イタみ)の2日後、母は体調を崩しました。「だるくて仕方ない」と言って、仕事も休んでた気がします。

 

170228_26

 

この時なんとなくですが、母に寄り添っていなければいけないような感じがしました。

 

そして、母のそれまでの努力を認めないといけないと思いました。

 

「お母さんが一番頑張ってるよ」という言葉は、なんとなく、その時母に必要な言葉かもしれないと思って発したものです。

 

それがベストだったかは全然分からないんですが。

 

この時、母が抱えていたものはとても大きかったんだろうと思います。母が頭を抱えざるを得ない事情は沢山あったから。

 

病気の夫を心配する気持ち

夫の服薬状況の不信についての不安

夫の休職期間中の収入の減少

家事負担の増加

 

などなど、大きなものだけ数えていってもざっと10個くらいはあるような気がします。

 

そんな中、夫は相変わらずだし、兄は無関心だし、娘は夫の肩を持つし…となれば、母にとってストレスフルな状況であったことは間違いありません。(お母さん、本当にごめんなさい。)

 

それでも母は全く弱音を吐きませんでした。

 

「人間は、口で伝えられないことは身体で伝えようとする」と聞いたことがあります。

 

母が体調を崩したのは、「もう厳しい」というサインだったのかもしれません。

 

そうなるまで、全部を母一人だけに抱え込ませてしまったことは、本当に申し訳ないなと思います。

 

今振り返って考えると、素直に反省する気持ちが湧くけれど、当時の私は自分のことばっかりで、全然母の気持ちを慮るようなことをしていませんでした。

 

ひとえに自分の未熟さが原因なんだと思いますが、「家族同士支え合う」という行動を取るのは、当時の私たちには難しいことだったんでしょうね。

 

 

【第26話を読む】

 

16787940_1269918076427760_1289585785_n

【執筆】

シブ子

 

 

 

 

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
46

関連記事