【就活特集】残りの学生生活ですべきこと5選!キャリアコンサルタントが解説

2017.07.12公開
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
82

就職先が決まり、来年4月からの社会人生活を楽しみにする一方で、「もっと学生生活が続いたらいいのに!」と思うこともあるでしょう。

 

筆者である私も、学生の時は自由な時間を満喫していましたので、その気持ちはよくわかります。

 

逆に早く社会人になって活躍したいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

このコラムでは、「あの時、これをしておけばよかった!」と思うことや、新卒で就職してから何年も経った今、キャリアコンサルタントになった私が思うこと、という視点で書いてみようと思います。

 

 

結論、今できることに集中する

人生を豊かなものにするために、私がキャリアコンサルタントとして思うことは、「今できることに集中すること」が大切だということです。

 

目の前のことに精一杯のあなたも、先が見えない暗闇の中にいるあなたも、今という時間は今しかありません。

 

未来は綿密に計画するものではなく、今の積み重ねの延長線上にあるものです。

 

起こってもいない未来の出来事を考えすぎると、今という時間を生きることを忘れてしまいます。

 

今を生きるということは、今できることに集中するということです。それでは、今できることは何かという視点から具体例を挙げてみましょう。

 

 

学生として今できることとは?

きっちり卒業する

卒業できなければ、就職どころの話ではなくなってしまいますよね。

 

学生の本分はやはり勉強することです。勉強できることに感謝し、うっかり単位を落としてしまった…なんてないようにしましょう。

 

思いっきり遊ぶ!

今までずっと行ってみたかったけれど、行っていないところはどこですか?

 

一度やってみたかったけれど、まだできていないことは何ですか?

 

ずっとしてみたかったけれど、できていないことはどんなことですか?

 

今まで叶えることができなかった想いを、社会人になる前に叶えてみましょう。どんな小さなことでも良いのです。

 

海外のあの都市へ旅してみたい

憧れのアルバイトをしてみたい

あの人に自分の想いを伝えたい

ずっと買いたかったものを買いたい…

 

他にも色々なものが頭に浮かんできそうです。

 

思いっきり遊ぶ!と割り切って好きなことをしてみれば「頑張るぞ!」という気力も湧いてきます。

 

仕事で必要な資格を取る

サービス残業、ブラック企業など問題が山積している昨今ですが、働き始めると、最低でも週に40時間程度は仕事に時間を割くという生活になります。

 

経験がない中で仕事をすると、仕事を終えるのに思った以上に時間がかかりますし、帰ってきたらクタクタ、上司に誘われれば、飲み会に出なければならないなど、自分の思い通りに時間のマネジメントができなくなることがあります。

 

そのような状態で、自分のキャリアアップを考えて資格を取ろうと思うと、なかなか時間が取れません。

 

仕事で必要な資格が明確な場合や、取りたい資格があるのなら、今のうちに取ってしまいましょう。あなたの人生においてアドバンテージになることは間違いありません。

 

友人とのネットワークを作る

一緒に学生生活を過ごした仲間も、就職をすれば全国、海外とそれぞれの場所で仕事をします。

 

就職してから何年かは、道に迷い、転職をしようかどうかと悩むこともあると思います。そんな時に頼りになるのは、友人のネットワークです。

 

違う業種の仕事をしている友人、同業他社に勤める友人、公務員の友人、会社員という道を選ばなかった友人…きっと様々な立場で働いているでしょう。

 

私が社会人になって感じたことは、思った以上に「会社」という狭いコミュニティーでしか、人的ネットワークが構築できないということです。

 

拘束時間が長い会社という場で、視野が狭くなってしまったと感じることがありました。

 

悩んだ時には同じ学生生活を過ごした仲間、アルバイト仲間、サークル仲間など、違う道を歩んでいる仲間に連絡を取ってみることをお勧めします。

 

同じ悩みを抱えているということがわかって安心したり、違う角度からの情報にハッとさせられたりして、心が軽くなることがあります。

 

今のうちにSNSなどで積極的に繋がっておきましょう。

 

生活リズムを整えておく

初めての仕事、土地、人間関係の中で、わからないことばかり…仕事を覚えるのに精いっぱいという状況が考えられます。

 

疲れていると体がだるくて集中力がなくなってしまいます。集中力がなくなるとミスが増え、自分に対する評価が下がってしまいます。

 

朝早くに起き、夜は遅くならないうちに寝るという生活リズムを作っておきましょう。

 

基本的なことですが、大切なことです。

 

20代前半はうつを発症しやすい年齢ですので、その予防のためにも早寝早起きが大切です。

 

 

まとめ

「今できることに集中すること」ってどういうことなんだろう…と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

私自身の経験を振り返ると、学生の頃に体験した苦しい経験も、遊び倒した経験も、全て無駄ではなかったと思います。

 

だから、あえて言いますが「今の気持ちを大切にしてほしい」と思います。

 

学生であるという時間は今しかないのです。勉強ができることは贅沢なことです。

 

学生であることに感謝し、これから漕ぎ出す大海原に向けて、心と体の準備をしておくことをお勧めします。

 

 

suzukiyumiko【執筆者】

鈴木祐美子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)

鈴木さんのインタビュー記事はこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
82

関連記事