【HSPで仕事がつらい】すぐできる3つの工夫・人に頼る際の心得を臨床心理士が解説

2020.09.12公開

 

職場で頼るための3つの心得

まずは「頼る」「相談する」という発想を持つ

これまで自分でなんとかしようと頑張ってきた人の中では、一人で何とかしようとすることが当たり前になっていて、「頼る」「誰かに相談する」という発想がそもそも浮かばないのかもしれません。

 

一人で頑張り続けることには限界があります。

 

仕事がつらく、続かないと感じた時には一人で抱え込まず、「人に頼る」という選択肢を持っておきましょう。

 

相手の状況を推測せず、言葉で確かめる

「今、話しかけても大丈夫かな」「迷惑なんじゃないかな」と相手に気遣うことはHSPの人の長所でもあるのですが、あくまでその考えは「こちらの勝手な想像」でしかありません。

 

本当の相手の状況は相手自身にしかわからないのです。

 

あれこれと想像をするよりも、「〇〇をお願いしたいんだけど、どうかな?」と聞いてしまった方が確実で早く、ご自身の心理的な疲労も軽減することができます

「無理そうだったら言ってね」

と一言付け加えることがポイントで、引き受けるかどうかの決定権は相手に委ねましょう。

 

相手が引き受けてくれたら、信じて任せる

晴れて「いいよ」と相手が引き受けてくれた時でも、「気を遣わせちゃったかな」「本当は嫌だったのでは」などマイナスなことを考えていないでしょうか。

 

相手のことを心配し過ぎたり、疑うことは、相手のことを信頼していない行為にも繋がります。

 

相手が引き受けてくれた場合は、素直にその思いを受け取りお願いしましょう。

 

さいごに

今回は、繊細さや感受性が強いといったHSPと呼ばれる気質を持つ人が、「仕事がつらい」と感じたときに手軽にできる工夫や人に頼るための心得について、ご紹介いたしました。

 

仕事のストレスに大きく影響する、職場での人間関係を少しでも楽にするためのTIPSとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

>>【HSP】向いていない仕事の特徴、向いてる仕事の探し方は?

>>HSP4つの特性と12のチェックポイント、発達障害との違いとは?

>>HSS型HSP3つの特徴。原因は遺伝?恋愛・結婚の相性は?

>>【発達障害まとめ】仕事上の特徴・ミスへの対処・合理的配慮・周囲の接し方など

 

【参考・引用文献リスト】

〇岡田尊司(2017):過敏で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服への道 幻冬舎新書
〇武田友紀(2018):「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本 飛鳥新社
〇高田明和(2017):脳科学医が教える 他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法 幻冬舎

シェア
ツイート
ブックマーク

佐藤珠理

臨床心理士/公認心理師

心理系大学院修士課程を修了後、臨床心理士資格を取得。NPO法人にて不登校の子どもたちをサポートする事業責任者として勤務。また、同法人にてひきこもり青年の就労支援事業にも携わる。その後はスクールカウンセラーとして、小・中・高校、計10校の学校を担当する。2019年、公認心理師資格を取得。

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2020年9月12日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

関連記事