生きるのも死ぬのも出来ないなら、どこにいけばいいのか【さき さん】

2018.01.13公開 2018.04.27更新
 
シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

私は小学生の頃、 6年間ずっと親友だった子に裏切られました。「全部演技だったんだよ」と言われ、一気に景色が歪みました。

 

その頃、私はいじめられていたんですが、その子も周りのみんなと一緒に私をいじめてきました。

 

その日から、私は人を信じることをやめました。

 

 

「ここから飛び降りたら死ねるのかな」

中学生になってもいじめは続き、高校生ではうつ病に。

 

毎日毎日「死にたい」って思うようになりました。

 

見えるもの全てが自殺に結び付くようになりました。

 

たとえば、窓があったら、 「ここから飛び降りたら死ねるのかな」とか、ロープがあったら「これで首吊ったらどうなるのかな」とか。

 

 

病院は薬をポンをくれるだけだった

リストカットや、目に見えるようなことはしていません。

 

理由は、私が死にたいって思ってるって誰にも知ってほしくなかったから。心配させたくなかったから。

 

ずっと一人で悩んで、一人で泣いてました。

 

病院には、2,3回だけ行ったんですが、話も何も聞かずに、薬をポンとくれるだけだったので、行くのをやめました。

 

薬も大体1年くらい飲んで、自分で勝手にやめました。

 

 

公衆トイレで首吊りをした

それから数年が経ち、首吊りをしてしまいました。

 

もちろん誰にも言わずに、あまり人がこない公衆トイレで。

 

上に吊るしてぶら下がるタイプではなく、足がつくくらいの高さにタオルを結んで、自分の首を5分以上、吊ったと思います。

 

でも、何回試しても頭がガンガン締め付けられるように痛くなって、周りがぼやけて見える程度で死ねませんでした。

 

家に帰っても自分の部屋で何回も試しました。

 

時間がある度に絞めていました。

 

イライラもするようになり、自分の頭を思いっきり殴っていました。

 

そのせいで、記憶力が低下し、頭もあまり働かなくなりました。

 

 

物事を深く考えられなくなった

そういう生活が続き、死にたいと毎日思うこと10年…

 

私ももう大人になってしまいました。

 

今思うのは、なぜあのとき自分の首を絞めるなんてバカなことをしてしまったのか。

 

そのせいかわからないけど、物事を深く考えることが出来なくなりました。

 

毎日毎日イライラして、言いたいことをなんでも言って人を傷つけています。

 

私は本当に最低な人間になってしまいました。

 

 

「死にたい」と思って生きること

今も死にたいって思っています。

 

でももう首吊りはしません。 自分の頭を殴ったりもしません。無意味だって気付いたからです。

 

人はなにもしなくても、いつか死ぬときがくる。

 

毎日毎日、「死にたい」「苦しい」って生きてるのがバカらしくなってきます。

 

もう10年も無駄にしました。

 

 

後悔しても遅い…けど悲しい

あの時、薬を飲んでたら、なにか変わったのかもしれない。

 

あの時、馬鹿なことをしていなかったら、今もっと人生について、未来について考えられたのかもしれない。

 

後悔しても遅いってわかっているんですが、やっぱり悲しいです。

 

今も私の過去について知ってる人は一人もいません。知ったらと思うと怖いです。

 

 

人と話すときは常に笑顔だった

私はいつもニコニコ笑顔で過ごしてきました。

 

辛くても死にたいって思っていても、人と話すときには常に笑顔。

 

でも、今はもう笑えなくなりました。

 

昔は少し楽しいってまだ思えることが出来た。

 

美味しいものを食べて、美味しいって思えた。

 

今はなにも感じません。

 

 

誰かに相談していたら、変わっていたかも

あの時、誰かに相談してたらなにか変わってたのかな と思うときがあります。

 

でも言えないんです。人に迷惑をかけたくない。

 

心配してほしくない。なにより信用出来ない。

 

それなら、一人で悩んで、一人で死んだ方がいいって思っていました。

 

今はもう全部諦めたので、相談もなにも、もう人生についてなにも考えていません。

 

ただ苦しい思いをして生きている。

 

全てが無意味に感じる。

 

死ねないのならどうしたらいいのか…

 

生きるのも死ぬのも出来ないなら、どこにいけばいいのか…

 

そんなことを毎日思っています。

 

ペンネーム:さき 様

 

 

カウンセラーからのコメント

初めまして。この度は、Remeに投稿いただき、ありがとうございます。

 

また、さきさん自身についての過去や現在について正直な想いを教えて下さり、ありがとうございます。

 

まず、心の内を誰にも相談できない中、これまでさきさんなりに、一人で色々なことを考え、そして悩み、苦しみ、よく今まで生き残ってこられましたね。

 

本当に頭の下がる想いがします。

 

そして、勇気を出して、よくこちらにお話しすることが出来ましたね。

 

今まで誰も信用できずに、一人で悩み抜いてきたさきさんですから、きっとこちらに投稿することは、かなりの不安や心配もあったことでしょう。

 

こうして、さきさんが心の内を正直に打ち明けて下さったことに心から感謝いたします。

 

さきさんはこれまで一人で悩み、苦しみ続け、さきさんなりに本当に努力を積み重ねてきたことと思います。

 

1人で頑張り続けることは大切なことですが、時には、誰かに頼る強さも大切です。

 

今回、こちらに投稿できたということは、さきさんには「頼れる力」がしっかり備わっているということです。

 

辛い時や苦しい時、自分ではどうにもならない時などは、いつでもこちらをご利用ください。

 

さきさんの気持ちが少しでも楽になれるようサポートさせていただければと思います。

 

【回答】

佐藤文昭

臨床心理士

関連記事