シングルマザー、車上生活、自殺未遂…今、私が精一杯生きる理由【水色のナース さん】

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る
共感
72

今は離婚しましたが、当時二人目の子供を出産した直後に夫の借金発覚。

 

同時にマイホームを建てたローンが始まりました。

 

夫がマイホーム資金を使い込んだことも許せず、家庭内別居していましたが、離婚は我慢…。

 

これがきっかけでした。

 

性格的に、自分がうつ病になるとは考えもしませんでしたが、頑張りすぎた結果いつの間には発症していました。

 

借金に苦しむなんて周りに知られたくない。

 

「私が何とかするんだ」と意気込んでいましたが、小さい子供二人を育てながらも夫を許せず、離婚は我慢して外では何事もなく振る舞っていました。

 

ある日突然、仕事の能率が悪くなり、残業が増えました。

 

自分でも気がつかず、家に持ち帰り仕事をしても終わらない。

 

夜中までパソコンをして、終わらずに焦り早朝には職場にいる。

 

気がつけば、不眠にドライマウス、幻聴はいつも電話がなっていて、やっと異常に気がついて自己退社。

 

自宅で休む私に夫は「働くのは俺だけか?」と寝ている私を上から見下げて言う。

 

自分が撒いた種から妻が苦しんでいるのに、あり得ない…。

 

やっと離婚しないでいたことに後悔しましたが、身体は衰弱するばかり。

 

とうとう自殺未遂をしてしまいました。

 

沢山のタバコを水に浸して、しばらくしてから飲み沢山の睡眠薬を飲んで眠りました。

 

二日間眠ったようでしたが生きていて泣きました。病院に連れていくわけでもなく、ただ放置。

 

包丁を胸に突き刺しても深く刺さらない。

 

首をつったらひもがほどける。

 

死に損ないでした。

 

離婚に、向けて働こうと再度就職しましたが、まるでいつも周りに笑われているような感覚になったり、感情がコントロールできなくて辞める。

 

その後、調停離婚。

 

二人の子供の親権は私が離さず、二人で三万の養育費は約束しましたが、慰謝料なし。

 

そのあとは、本当に悲惨な日々でした。

 

車上生活もしました。

 

私を奮い立たせたのは大震災。

 

ドン底なのに、さらに追い討ちをかけられて、窮地に追い込まれたときに、立ち上がりました。

 

惨めながら何とか今があります。

 

何もない。けれど生きている親子三人。

 

子供二人にこれ程辛い思いをさせてきたのに、東日本大震災は地獄でした。

 

神も仏もない。一時は「人間なんて誰も信じない」と思ったけれど、救いの手を差しのべてくれた方もいました。

 

奮い立ったとき、二人が自立した生活が出来るまでは死なない。死ねない。と誓いました。

 

看護師としてまた働けたことで、考えるひまなく無我夢中になり、今があります。

 

まだまだ試練はありますが、暗い地獄のうつ病には絶対ならないと6年が経ちます。

 

やっと、屋根の下で眠れる毎日が訪れました。

 

シングルマザーの辛さ、お金のない苦しみ、世間の冷たさ、沢山経験してきましたが、その倍の優しさにも出会い私は乗り越えました。

 

もう、21年経ちました。

 

親族にすら見捨てられましたが、子供達がいました。だから私は死なずに頑張れてきました。

 

もう二度とうつ病に、負けません。

 

そして、私達は困った人に優しくありたいということを忘れません。

 

長いストレスに寿命は縮まったと思いますが、子供が生きていけるのを見たら人生に悔いはなくいけます。

 

早く解決していたら、離婚して強く生きていたら長年の苦しみはありませんでした。

 

お金がないと焦り、苦しみがあります。

 

私は資格があり何とか働き乗り越えましたが、何度も死を考えました。親子で死のうとも考えました。

 

心中してしまう親子をみて、「なぜ子供まで?」と昔は思いましたが、世間や親兄弟親類にまで見捨てられるのが現状です。

 

そんな地獄に子供を残すならば、一緒にという気持ちが分かります。

 

今はやるだけやって、死ぬときを待つだけですが、私と同じく不器用で辛い思いをされている方々に、何か力をなれる時が来たらよいなと思います。

 

自殺未遂の経験から、簡単になんて死ねないのはわかりました。

 

苦しいですが楽になれるならばと…やってしまいましたが、もう絶対しません。

 

精一杯生き抜いてから、死にます。

 

いま、高齢者を看護していて安らかな死を迎えられるように支えることが使命です。

 

私みたいな人間でも使命があります。最後まで使命を果たすつもりです。

 

そして、弱き人や困っている人が幸せに、生きて欲しいと心から願っています。

 

ペンネーム:水色のナース 

 

 

カウンセラーからのコメント

こんにちは。投稿をありがとうございます。

 

あなたの壮絶な人生を拝見させていただきました。

 

辛い時も、死のうと思い行動したこともあったのですね。

 

それでも生きて今までやってきた。世の中の冷たさや温かさ、全てを経験しながら歯を食いしばって今までやってきたことが伝わってきました。

 

そんなあなたに、本当に頭が下がる思いです。

 

酸いも甘いも経験したあなただからこそ、今は力強い生命力を感じます。

 

きっとあなたには、そのことを活かしたやることがあるのだと思いますし、あなただからこそできる事があるのだと思います。

 

あなたの今までの経験は全て貴重な体験で、今苦しんでいる人の支えになる存在だと思います。

 

それはおっしゃるように、高齢者の看護をしながら安らかな死を迎えられるよう支えることかもしれません。

 

または、今、苦しんでいる若い人にもきっと勇気を与えることになると思います。

 

この投稿を読んで、たくさんの方が勇気と希望をもらったと思います。

 

あなたの貴重な経験をシェアしていただきありがとうございます。

 

【回答】

ロケ民子 看護師

 

あなたも書いてみませんか?

Reme(リミー)では、皆さまからの体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

以下内容を投稿後、当社にて編集の上、サイト公開いたします。

※「書きたいけど、どうやって書けばいいか分からない」「連載形式で書きたい」などのご希望がある場合、個別にご連絡を差し上げます。以下の入力欄にメールアドレスを明記の上、お申し付けください。

 

【ペンネーム】
【体験談】

関連記事