うつで仕事探し…向いている仕事やおすすめの職種とは?精神保健福祉士が解説

2018.07.10公開 2018.12.08更新

向いている仕事の3つの特徴

うつをはじめ、精神疾患をお持ちの方は急激な変化に強いストレスを受けます。

 

環境的にストレスが少ない仕事の特徴をお伝えします。

 

 

勤務時間が決まっている

多くの求人で、シフト制の勤務時間を採用しています。

 

勤務体系がシフト制なのは構いませんが、なるべく固定した時間で入れるところをおすすめします。

 

精神的な安定は、決まった生活リズムから生まれ、体への負担が少ないためです。

 

 

やり方が決まっていて、マニュアルがある

うつ症状で思考が鈍り、判断までに時間がかかったことはありませんか?

 

迷いが少ない業務の方が、うつのときは向いています。マニュアルがあるか、面接の際に質問してみてもいいと思います。

 

 

休んでしまった日に他の人が引き継げる

「仕事に穴をあけたくない」

「自分がいないと職場がまわらない」

 

そういう思いを抱く方も多いでしょう。職場に必要とされることが支えである方もいらっしゃると思います。

 

しかし、健康な人でも全く仕事を休まないわけではありません。

 

まして、疾患があれば通院でどうしても休まなければならない日があります。

 

体調が整わず、急に休んでしまった場合にもフォローがきく仕事がおすすめです。

 

菊池恵未

精神保健福祉士

精神保健福祉士として、都内NPOにて精神障害者の支援を行う。就労支援担当として面接同行や就職後の業務メニュー作成などをしてきた。障害年金や生活保護受給の相談にものっている。JCTA日本臨床化粧療法士協会認定のもと臨床化粧アドバイザーとしてメイクアッププログラムを実施。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事