【夫のアルコール依存症】家族の接し方・子供への影響・相談先【全7回】

2018.10.01公開 2018.10.24更新
 

夫がアルコール依存症に…私が伝えたい想い

結婚して数年後、夫がアルコール依存症になったことで一変した人生。

 

何度話し合っても見えない光、深まる溝。ついには家庭崩壊の危機にまで発展することに。

 

過去の実体験をもとに、アルコール依存症との向き合い方や、同じ悩みを抱えるすべての人に伝えたい想いを綴ってもらいました。

 

>>夫がアルコール依存症に…私が自分の人生を取り戻すまで

 

 

アルコール依存症から家族を救ったきっかけとは?

アルコール依存症は「家族の病気」と言われています。

 

お酒を飲んでいる本人はもちろん、振り回される家族も同じように病み、苦しみを味わいます。

 

アルコール依存症は“病気”。この認識ひとつで見方や捉え方が変わります。

 

ここでは、アルコール依存症から家族を救った3つのきっかけを、実体験をもとに紹介しています。

 

>>アルコール依存症で家族が崩壊…家族を救った3つのきっかけとは?

 

 

アルコール依存症患者との適切な接し方とは?

説教する、お酒を隠す、泣いて訴える…

 

なにをしても変わらない、むしろ悪化する状況と信頼関係。

 

必要なのは、「相手を変える」ことではなく、「あなたが変わる」こと。

 

ここでは、家族だからできるアルコール依存症患者との適切な接し方を3つご紹介します。

 

>>アルコール依存症患者の家族として実践した3つの接し方とは?

 

 

アルコール依存症患者の家族向け支援とは?

アルコール依存症の回復には、家族や友人の支えが必要です。

 

時として、その家族や友人にも助けが必要です。

 

ここでは、アルコール依存症患者の家族や友人を支援している組織・団体を3つご紹介します。

 

>>アルコール依存症患者の家族向け支援!活用できた3つの支援とは?

 

 

アルコール依存症患者の家族が相談できる場所って?

「こんなこと、誰にも相談できない…」そう思いつめる方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、相談することによって、問題を抱えているのは自分ひとりではない、と気付くことができます。

 

蛇の道は蛇。身近な友人や会社の同僚ではなく、正しい知識を持った専門家へ相談しましょう。

 

ここでは、アルコール依存症患者の家族が相談できる場所を3つご紹介します。

 

>>アルコール依存症患者の家族の相談先って?私のおすすめ3選

 

 

アルコール依存症が与える子どもへの影響と対処法とは?

子どもは親の背中を見て育つ、とよく耳にします。

 

アルコール依存症ではない方の親からも、悩みや不安、苛立ちなど負の感情を敏感に感じ取ります。

 

その影響は?そのとき、子どもに対して何をしてあげられるのか。実体験を交えながらご紹介します。

 

>>アルコール依存症の子供への影響…我が家での3つの対処法

 

 

アルコール依存症患者の家族がうつにならない秘訣とは?

アルコール依存症とうつ。

 

当の本人はもちろん、家族もうつになるケースが多く見られます。

 

まずは、がんばりすぎることを止めませんか?

 

ここでは、アルコール依存症患者の家族がうつにならない為の心がけを3つご紹介します。

 

>>アルコール依存症患者の家族がうつを予防する3つの心がけとは?

 

 

プリームみどりさんの連載一覧

【Part 1】夫がアルコール依存症に…私が自分の人生を取り戻すまで

【Part 2】アルコール依存症で家族が崩壊…家族を救った3つのきっかけとは?

【Part 3】アルコール依存症患者の家族として実践した3つの接し方とは?

【Part 4】アルコール依存症患者の家族向け支援!活用できた3つの支援とは?

【Part 5】アルコール依存症患者の家族の相談先って?私のおすすめ3選

【Part 6】アルコール依存症の子供への影響…我が家での3つの対処法

【Part 7】アルコール依存症患者の家族がうつを予防する3つの心がけとは?

プリームみどり

ベルギー在住。夫がアルコール依存症になり家庭崩壊の危機に直面するが、 病気について学び自分自身を取り戻す。 自身のブログ「私から始めよう」では、周りに振り回されずに、 幸せに生きるためのメッセージを発信している。>>blog

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事