女性不信を克服したい男性が持つべき3つの心がけとは?心理相談員が解説

2016.07.15公開 2017.06.21更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
14

「ひどいフラれ方をした」「女性が何を考えているか分からない」そんな思いから、女性不信に陥っている男性が増えています。

 

限られた女性としか出会う機会に恵まれなかった男性は特に、「女性とはこういうもの」という固定観念が芽生え、それが女性不信を招いていることがあります。

 

そこで今回は、女性不信を克服する方法について、心の専門家に解説してもらいました。

 

 

女性不信を克服する3つの方法とは?

恋愛と結び付けて女性をみない

女性不信の強い方は、女性のエロスに嫌悪感を抱いていることがあります。

 

しかし、女性の中にもフェロモン全開ばかりではなく、友人という関係から愛情を育みたいと望む女性も、もちろんたくさんいます。

 

まずは、仕事やサークル活動の仲間として、男女にとらわれず、色々な人間と話してみることから始めてみましょう。

 

多くの人間関係の中で女性と関わると、自分が苦手なタイプと、一緒にいて楽なタイプがわかってきます。

 

また、「女性」という色眼鏡で相手を遠ざけてしまうと、自分を成長させてくれる相手との出会いも少なくなってしまいます。

 

女性不信を克服するには、「女性=恋愛=不信」という簡単な構造で考える癖を抑えて、気が合う仲間を探す感覚で、女性も仲間として認めることから始めましょう。

 

 

無理に女性に好かれようとしない

女性不信に陥る原因の一つに、女性を意識して、好かれようと無理した結果、相手に認めてもらえず、自尊心が傷つけられた経験を持つ場合もあります。これは、母親や先生なども含まれます。

 

「女性に好かれたい」「女性に認めてもらいたい」という気持ちが強いと、女性はどうしてもあなたに違和感を持ち、避けようとしがちです。

 

なぜなら、あなたが好かれたいと思っているのは、相手の女性自身ではなく、「女性全般」もしくは、過去の傷つけられた「女性」を投影していることがあるからです。

 

「女性」に好かれなくても、人として男女問わず好かれる人間を目指せば、自然に男性にも女性にも好かれていくのではないでしょうか。

 

そうすることで、自分自身を肯定的にとらえるようになり、いつの間にか女性から嫌がられたことも遠い過去となり、結果として女性不信も克服されていくでしょう。

 

 

無理に理解しようとしない

「男性の脳と女性の脳は違う」と聞いたことはありますか?

 

男性は、理解に理屈が必要で、女性は理解に感情が先に立つ傾向があります。しかしこれも、女性の一面であり、同じ人間であっても感情が先に立つことも、理屈が先に必要なことがあります。

 

つまり、自分自身であっても、理解するには色々な形をとっているのです。

 

であるなら、わかりあえると感じる男性同士でも理解できない面があり、女性であっても理解できる面があります。

 

つまり、「女性を理解しよう」と考えすぎてしまうことが、「やっぱり理解できない=信じられない」につながるのです。

 

女性不信を克服する上で、相手を「女性」ではなく、「同じ人間」として理解しようとすると、色々な角度で相手を見ることができるようになっていきます。

 

 

さいごに

まずは、男女・年齢問わず、多くの友人との関わりを持ち、「女性=恋愛」という枠組みを外しましょう。

 

あなたが、一緒にいて楽しいと思う相手が、たまたま女性だったという出会いが多くなることで、「女性不信」を克服することができます。

 

人との素敵な出会いがあなたを待っています。

 

 

【執筆者】

村松真実 看護師・心理相談員

 

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
14

関連記事