ママ友がいない…寂しさや孤独の解消法を看護師&心理相談員が解説

2016.08.25公開 2016.11.29更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
2

周りを見回すと、ママ友同士が楽しそうに見えて孤独を感じてしまう…。あなたは、今、そんな思いで、沈んでいませんか?

 

ですが、あなたの孤独は、“ママ友がいない”ことだけが原因でしょうか。

 

「ママ友がいない=孤独」と考える前に、今のあなたに大切なことを、こころの専門家に解説してもらいました。

 

 

ママ友は、寂しさを埋める対象ですか?

子供のために、ママ友が必要で、ママ友の仲間入る方も多く、そのために「公園デビュー」なる言葉も流行ったことがありました。

 

ですが、これは、自然発生的にできた友達ではなく、子供のために周囲と仲良くするためであり、自分がその仲間であることで、安心を得るための目的があってのものです。

 

そのため、「ママ友ができる=あなたの孤独の解消」という図式には必ずしもならず、逆にその中に友情や愛情を求めることは、さらに孤立と孤独を深めることにもなりかねません。

 

それよりも、あなたが感じている孤独が何から生じているのかを、じっくりと考えてみることが大切になります。

 

 

あなたを支えてくれているものに気づいていますか?

私の友人の多くは、数年の付き合いで終わるママ友を作ることをせず、公園で子供たちを遊ばせていたようです。

 

その友人たちの言葉を借りると、“数年だし、子供は覚えちゃいないからママ友はいらない”というものでした。ママ友は、年数も場所も限定しているため、長い視点で見た時に、その有用性を感じない人たちも多いということです。

 

では、彼女達は、ママ友がいないことで孤独を感じていたのか、といえば、「NO」でした。

 

子供と一緒にいられる時間も、実は「有限」です。だからこそ、子供といる時間を大切にするだけで、幸せを感じていたそうです。

 

今のあなたは、どうでしょうか。あなたの大切な子供とのふれあい、家族との時間を大切にしていますか?ママになる前の友人との交流はいかがですか?

 

もしかしたら、あなたの孤独の原因は、家族や友達、子供との関係をきちんと評価していないことが原因かもしれません。

 

 

ないものより、手の中にあるものを大切にする

あなたが幸せな顔をしていると、その幸せに引き付けられ、いつの間にか周囲に人が集まってくるものです。

 

そのためには、あなたの中にある、たくさんの幸せを見つけてください。自分のことをまっすぐに見つめてくれる子供がいることだって、他の人から羨ましいと感じる幸せの形です。

 

家族と過ごす時間が少ないと感じているのなら、少ない時間の中で、「お互いが幸せになれる時間」を作る工夫をしてみてはいかがですか?子供と夫と、近所を歩く、買い物に行く、お昼寝をする、だけでも心が満たされる時間ですよね。

 

「ママ友がいない」「家族との時間がない」「子育てのつらさをわかってくれない」といった「ない」を見つけるのではなく、

 

「子供という大切な存在がある」

「この時間は、夫と過ごす時間がある」

「愚痴を聞いてくれる心友がいる」など、

 

「ある」ものに気持ちを向けることで、あなた自身の満足感が満たされ、ママ友がいない孤独を感じることなく過ごせるようになるのではないでしょうか。

 

 

【執筆者】

村松真実 看護師・心理相談員

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
2

関連記事