好きな人に嫌われたかも…仲直りや復縁のためにできることとは?

2016.10.12公開 2016.11.30更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

好きな人がいれば、仲良くなりたいと思うのが当然。まわりの人より仲良くなって、できれば特別な存在になりたいと思うのが一般的でしょう。

 

好かれるためにいろいろと努力して、こっちを向いてくれたなら、こんなに嬉しいことはありませんよね。

 

でも、人間同士だからうまくいかないことがあるのも現実。

 

仲良くなれても友達どまりだったり、やりすぎて嫌われてしまったり…。特別にはなれなくても、せめて、嫌われないようにはしたいもの。

 

もし嫌われてしまったと感じたら、どうすればいいのでしょうか?今回は「嫌い」のサインと対処方法について見てみましょう。

 

 

嫌われてたと感じるサインとは?

「嫌われてしまったかも」と感じるのは、相手が発するサインに気付いたから。そのサインに早く気づかなければ、取り返しがつかなくなってしまいます。

 

「嫌い」のサインをいくつかご紹介しますので、好きな相手がこのようなサインを発していないか振り返ってみましょう。

 

①態度がそっけない

話しかけたときに生返事だったり、こちらと目を合わせてくれなかったりとそっけない態度は、嫌われ始めたサインかもしれません。

 

嫌いになった人の姿はあまり見ようとしないもの。返事もきちんと返せば会話が続いてしまうから、できるだけ早く終わらせようとしてしまいます。

 

②LINEやメールの返事が返ってこない

嫌いな人とは関わる時間を減らしたいと思うのは自然なこと。そうすると当然、LINEやメールの返信は少なくなっていきます。

 

LINEの既読スルーが増えたら、それは嫌われてしまったからかもしれません。

 

③SNSでブロックされる

SNSで繋がっていれば、相手の投稿がタイムラインに流れてきますし、連絡を取ることも可能です。それも嫌だと思われてしまうと、ブロックされてしまうということも。

 

SNSのブロックは、関わりを断つということ。上記2つに比べてはっきりと嫌いのサインとも言えます。

 

好きな人からこのようなサインを感じたら、要注意です。

 

好きな人に嫌われてしまう原因は?

嫌われるようなことになったのには、原因があるはず。考えられる原因をいくつか挙げてみますので、当てはまるものがないか考えてみてください。

 

①自分中心の話ばかり

好きな人に自分のことを知ってほしい、好きになってほしいがあまりに、自分中心の話ばかりする人がいます。これは、恋愛関係に限らず、人間関係を築くときには逆効果です。

 

相手の話ばかりを聞くのは疲れてしまうもの。話すことと聞くことのバランスよくすることが大事なのです。

 

②連絡がしつこい

LINEやメール、電話など、頻回に連絡をするのも嫌われてしまう原因となります。適度に時間をあけたり、毎日連絡するのを控えたりといった配慮も大切です。

 

③会話の内容がネガティブなものばかり

せっかく話をしていても、人の悪口や後ろ向きな発言などが多いと、聞く方も疲れてしまいます。

 

せっかく会話をするなら、楽しく話をしたいもの。出会ったばかりのときは特に、会話の内容に気をつけることが大切です。

 

④距離が近い

人には、これ以上近寄って欲しくない距離(パーソナルスペース)が存在します。むやみに近寄ってしまうと、このパーソナルスペースに無断で入り込んでしまうことになります。

 

これは、本人にとってはかなり不快なもの。適切な距離を保てない人とは、仲良くできないと判断してしまうのです。

 

これ以外にも原因は考えられますが、嫌われてしまったきっかけはどこかにあるはず。思い当たることがあれば改善した方が良いでしょう。

 

 

好きな人に嫌われてしまったときの対処方法は?

では、好きな人に嫌われてしまったときは、どのように対処したらいいのでしょうか。

 

①距離を置く

好きな人とは距離を近くしたいものですよね。でも、嫌われてしまったときに距離をもっと近づけようとするのは逆効果です。

 

あえて距離を置くようにして、様子を見てから何事もなかったかのように話しかけると、態度が戻っていることもあります。

 

②嫌われた原因を聞いてみる

どうして嫌われてしまったのか、本人あるいはまわりの人に聞いてみるのも、ひとつの方法です。

 

本人に聞くときは特に、感情的にならないようにすることが大切です。直接聞くときは、あくまで冷静さを保つようにしましょう。

 

③諦めてしまう

ちょっとつらい対処方法ですが、いっそ諦めてしまうことも選択肢としてはアリでしょう。一人に固執するよりは、他の人を探そうとしてみた方が気持ちも楽になるかもしれませんよ。

 

 

さいごに

人間関係にはどうしても、合う・合わないがあります。当然ながら、好きな人に好かれない、嫌われてしまうといったことが起きる可能性も十分にあります。

 

相手のことも考えながらコミュニケーションをとるようにして、いい関係が築けるようにしてみましょう。

 

【執筆者】

小松亜矢子 看護師

小松さんのインタビュー記事はこちら

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連記事