職場のストレスが限界…辞める前に知っておきたい5つの選択肢とは?

2016.10.22公開 2019.05.16更新

ストレスから逃れるための選択肢

それでは、具体的にはどのような選択肢があるのか考えてみたいと思います。

 

まず、現在の状態を整理しながら、選択肢を考えてみる上で、実際にあった相談内容を以下に挙げてみました。

・上司の理不尽な態度にストレスを感じている

・仕事の内容にストレスを感じている

・経歴の短さに罪悪感があり、仕事が続かないことに不安を感じている

・転職先が見つかるかどうか見通しが立たず不安を感じている

・ストレスに弱いのではないかと自分を責めてしまう

いくつか、あなたにも当てはまる内容があったのではないでしょうか?

 

このような状態を踏まえて、今のあなたにはどんな選択肢があるのでしょうか。

 

一例として考えられる選択肢をいくつか挙げてみます。

①今の状況で同じ仕事を続ける

②今の職場で仕事の負荷や内容を上司と相談して見直してみる

③会社の中で異動をお願いしてみる

④他の職場に転職する

⑤ストレスを軽減するために自分の状況を周りの人に相談してみる

選択肢1:コミュニケーション方法を変えてみる

会社で上司と合わないという悩みは、誰しも少なからず持っている悩みであり、上司は選べません。

 

もし、あなた自身の態度や行動に問題がある場合は、あなた自身のコミュニケーションの方法を変えてみる必要があるでしょう。

 

しかし、あまりにも理不尽で、パワハラやモラハラに分類される上司であれば、少し距離を取る必要があるかもしれません。

 

その場合は思い切って、上司のさらに上司に相談してみるのも一つの方法です。

 

 

選択肢2:仕事の負荷や内容を見直す

仕事の負荷や内容に問題があるのであれば、まず職務を棚卸ししてみます。

 

仕事の進め方でストレスになっている部分が、自分の仕事のやり方を変えることや、上司との相談によって解決できるものかどうかを模索してみるのです。

 

仕事はチームでするものです。

 

部下が上司に相談を上げれば、それを受け取った上司が何とかするのが責任です。

 

思い切って上の人間に任せてみれば、何か解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

 

選択肢3:会社の中で異動をお願いしてみる

現在の職場環境で解決することが難しければ、社内での異動の可能性を探ってみることも一つの選択肢です。

 

より自分の適性に合う仕事があるかもしれませんし、心理的な負担も転職する時ほど大きいものにはなりづらいでしょう。

 

 

選択肢4:他の職場に転職する

次に、他の職場に転職するという選択肢を考えてみます。

 

転職を考えるのであれば、自分を商品として転職市場で売り込まなければなりません。

 

もし「やりたいことがわからない」ということであれば、転職する場合、自分のやりたい仕事(志望動機)を明らかにしておく必要があります。

 

転職理由についても、面接などで明確に伝えなければなりません。

 

転職理由とは、現職を辞めて新しい職に就かなければならない理由のことですが、これを採用担当者に納得してもらうことが必要です。

 

職歴の短さを気になってしまう人も少なくないのですが、「転職理由」と「志望動機」、そして「自分ができること(スキル)」さえ明確になっていれば気にすることはありません。

 

それが転職成功の秘訣です。

 

加えてあなたは「良い転職先が見つかるかどうか」と不安に思う気持ちもあると思います。

 

現在は、インターネットを利用して情報がたくさん得られますし、採用手段も多様化しています。

 

ハローワークなどの従来からの方法や、人材紹介会社、SNS、スカウト型の転職サイトなど、ありとあらゆる情報を見てみてください。

 

思っていた以上に、世界が広がっていることに気が付き、良い職場が見つかるかもしれません。

 

 

選択肢5:周りの人に相談してみる

そして、意外とできていないのが、ストレスを軽減するために自分の状況を周りの人に相談するということです。

 

あなたは「自分にはストレス耐性がないのではないか…」と自信がなくなっているかもしれません。

 

そういった辛い時、周りの人に相談できていますでしょうか?

 

辛い時は、信頼できる人に自分の悩みを聴いてもらってください。

 

家族や友人に愚痴を聴いてもらうだけでも、気持ちがスッキリし、悩みを言語化することで、頭の整理がしやすくなります

 

周りの人に相談してみても辛い状況が続くようであれば、現在の会社にある相談窓口や、外部のカウンセラーに相談してみることも検討してみてください。

 

 

さいごに

ストレスから逃げ出したい時だからこそ、少し立ち止まってどんな選択肢があるのかを考えてみることが大切だと思います。

 

今回挙げた選択肢の他にも、何か選択肢が出てくるかもしれません。

 

ストレスと不安が重なり辛い状況ですが、何か一つでもあなたの心配事を軽減してくれるものが見つかることを祈っています。

 

今はあなたにとって試練ですが、この記事を読んでくださったことが、あなたの明るい未来へ一歩近づいたとしたら幸いです。

シェア
ツイート
ブックマーク

鈴木祐美子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、 CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2016年10月22日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

関連記事