躁うつ病そううつびょう

2016.07.05公開
2017.03.29更新

躁うつ病とは

躁うつ病は、うつ病によく似た状態と気分が高揚した躁状態を繰り返すのが特徴です。抑うつ状態では抑うつ気分や興味喜びの減退といった抑うつエピソードがみられます。

 

躁状態では気分が高揚し普段より多弁になったり、様々な考えがとめどなく湧き出る観念放逸等が見られる躁病エピソードが見られます。

 

躁うつ病は双極性障害とも呼ばれ、躁病エピソードが明らかに普段と異なる気分の高揚さが見られる場合は双極Ⅰ型障害、仕事を頑張りすぎるといったように躁状態が軽く、注意してみなければ躁状態だと分からない軽躁エピソードがみられる双極Ⅱ型障害に分類されます。

 

 

 

躁うつ病の初期症状

初期症状としては、睡眠時間が短くなる、おしゃべりになる、買い物の量がいつもより増えるといったことから始まります。

 

本人としてはエネルギーに満ちていると感じるのではないでしょうか。そのような状態が落ち着いたかと思うと、今度は抑うつ的な気分になって、倦怠感が生じます。疲れやすくなり、やる気が出ないといった状態が続きます。

 

そうかと思うと再び仕事や学業に意欲を注げるようになり、活動的になります。そのため、抑うつ状態のみに注意が向きやすく、躁状態があるということに気づかない方も多いのではないかと思われます。

 

うつ病のセルフチェックはこちら

 

 

躁うつ病の原因

躁うつ病発症の原因は、躁うつ病に関連する遺伝子を複数持ち、ストレスなどの外的要因にさらされることにより発症するとされています。

 

また、神経細胞内のカルシウムイオンの制御機能が異常をきたすことで発症するとも言われています。しかし、躁うつ病の発症原因は未だ明らかとなっていません。

 

しかし、発症の誘因としてストレスや睡眠不足等の生活の乱れが関係してくるため、出来るだけ規則正しい生活や、ストレスを溜めない生活を心がけるのが良いでしょう。

 

 

躁うつ病の克服法

躁うつ病は、躁状態やうつ状態から回復し、再発を予防することが目標となります。

 

何故なら再発を繰り返すたびに次の再発までの期間が短くなり悪化しやすくなるためです。そのため、薬物療法を中心に治療を行うのが良いでしょう。心療内科や精神科で処方された薬を飲み続けることが大切です。

 

症状が軽くなったからといって自己判断で服薬を止めてしまうと再発してしまうので注意が必要です。また、抑うつ状態の時は考え方が否定的になり、自分を責めてしまいがちです。そのような状態を乗り切るために、新たな考え方を模索できる認知療法なども用いられます。

 

 

躁うつ病の人との接し方

躁うつ病では、いつもよりも怒りやすくなったり、考えがどんどん浮かんでくるため、周囲の方を巻き込んでしまい、困ってしまうことがあると思います。

 

まずはそういった状態を「性格が悪い」「わがままだ」とは思わず、「病気の症状がでているのかもな」と考えると良いかもしれません。また、怒りやすくなっていることがあるため、体調が不安定そうなら構いすぎず、そっとしておくことも大事です。

 

しかし自殺企図や浪費といった兆候が見られるときには病院につなげてください。そして何より、一緒にいることが辛いな、と感じることがあれば少し離れて、ご自身の気分転換を図ることも大切です。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
80

関連記事