不安症ふあんしょう

2016.07.05公開
2017.03.16更新

不安症とは

不安症とは、不安が強く長く、あるいは頻繁に起こるようになり、日常生活に支障を来す状態になることです。

 

ただ出かけるだけでも、何か良くない事が起きるのではないか?と予測したり、幸福には代償を払う必要があると思い込んでいるため、幸福感があると、これからとてつもなく悪いこと、恐ろしいことが起こるのではないかと予測したりするのです。

 

また、自分と他者との感じ方や考え方の違いのようなものをどうしても認められないというのも特徴の一つであり、自分の思い通りにならない存在に対しては、親子や家族であっても攻撃の対象になってしまうのです。

 

不安症は、治療せずにいると長期化するだけでなく、うつ病を併発し、重症化することがしばしばあります。

 

うつ病のセルフチェックはこちら

 

 

不安症の初期症状

初期症状としては、原因が自覚できない不安感、あるいは未来に対する不安から、まず身体症状が現れます。身体症状とは、体の震えや呼吸の乱れ(過呼吸)、動悸、発汗、胸痛・頭痛・めまい・不眠・下痢などです。

 

そのような初期症状が現れると、またそうなるのではないかと予期不安を抱くようになり、関連性のあるもの・状況から逃げ出したくなり、それを避けようと回避行動を起こします。

 

そうやって逃げ回っているうちに自分に自信が持てなくなり、自己否定や、自分の存在そのものを恐れ、死んでしまうのではないだろうか?との妄想的な思考に入り込む場合もあります。

 

社会不安障害のセルフチェックはこちら

 

 

不安症の原因

心理的要因と、遺伝的要因があります。心理的要因の多くは、幼いころに感じた怖い感情を押さえていた事にあります。

 

幼い頃に嬉しがったり喜んだりするたびに、そういった感情を抑えなければならなかった、などの不適切な対応を受けて育ち、幸福を受け入れてはならないと思い込んでいる場合も少なくありません。

 

この症状が本人にも処理できずに進んでしまうと、ある年齢になって、パーソナリティ障害が表出します。他の病気が原因で不安症になっていることもあれば、不安障害・不安症が原因で他の重篤な病気になることもあります。

 

 

不安症の克服法

ヨガや習慣的な有酸素運動、カフェインの減量は、不安を大きく緩和できるため、よく不安治療に用いられます。

 

また、カウンセリングにより、まずは客観的な事実、困ったことは何も起きていない事実など「今」を正しくとらえることが、パニック障害社交不安障害といった、いくつかの不安障害に対して有効性が高いことがわかっています。

 

薬物療法も行われていますが、これは単に症状を和らげる効果しか期待できないともいわれています。

 

パニック障害のセルフチェックはこちら

 

社会不安障害のセルフチェックはこちら

 

 

不安症の人との接し方

不安症に悩む人は誰一人まったく同じ症状という方はいません。周囲の人の接し方としては、安心させてあげることが必要です。

 

発作が起こりそうなときや起こっているときに、そばにいてもらったり、「大丈夫だよ」と声をかけてもらったり、背中をさすってもらったりするだけで、患者さんは安心して症状が落ち着くことがあります。

 

外出するときにはなるべく付き添い、自分に何かあったときに対処してくれる人がいることで、患者さんの不安は和らぎます。

 

治療に関するネガティブなことを言ったり、無理に外へ連れ出したりせず、長い目で見守ってあげることが大切です。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
2

関連記事

LINEバナー