双極性障害そうきょくせいしょうがい

2016.07.05公開
2017.03.16更新

双極性障害とは

躁うつ病とも呼ばれています。身の回りの出来事や考え方、価値観の変化に関係なく気分が激しく浮き沈みする障害です。

 

ハイテンションになっている躁(そう)状態では多幸感、万能感、支配感、高揚感に持ち溢れて、人に対して攻撃的になったり、性衝動が亢進したり、ありえないほどの高額な買い物や契約を交わしたりといった行動が目立ちます。

 

一方で、テンションが落ち込んでいる抑うつ状態では、全般的に自分に対して否定的で、躁状態の行動を省みて激しく自己批判する場合もあります。重症の場合をⅠ型、落ち着いているときは就労もできる程度の軽症の場合をⅡ型と呼びます。

 

 

双極性障害の初期症状

躁状態、抑うつ状態の入れ替わりの激しさで明らかになりますが、うつ状態から始まることが多いようです。周囲が驚くような変化の激しさがあるまで本人も周囲も気づかないことがあります。

 

躁状態、または抑うつ状態が年単位で続くこともあり、周囲は「そういう性格なんだ」と思っている場合もあります。躁転、またはうつ転が性格の変化と思われることも少なくありません。

 

また躁状態のテンションがあまり高くなく、期間も短い場合もあります。この場合は多少波があるうつ病のように見られることもあります。

 

 

双極性障害の原因

双生児研究の結果、二卵性双生児よりも、一卵性双生児の方が、明らかに双方の発症率が高いことから遺伝要因が強い脳の問題と考えられています。

 

脳の情報伝達や快楽に影響する脳内物質ドーパミンの代謝の異常があると考えられています。ドーパミンが増えたり減ったりすることで、過剰になっているときは躁状態、不足しているときは抑うつ状態に陥るのです。

 

ただし、一卵性双生児が必ず双方とも発症するわけではないことから、ストレスや環境の影響も考えられています。どのようなストレスや環境が原因になりやすいかは特定されていません。

 

 

双極性障害の克服法

薬物療法と心理療法の組み合わせが有効と考えられていますが、最も大事なことは医師とともに躁転、うつ転の周期を把握して、気分の変化を管理することです。

 

というのも、躁状態とうつ状態では有効な薬物も異なりますし、心理療法も異なるからです。

 

自分が双極性障害(躁うつ病)という障害を持っていることを受け入れて、障害とともに生きる自覚が必要です。そのため、まずは障害を受け入れるためのカウンセリングが必要な場合もあります。

 

 

双極性障害の人との接し方

躁状態にしても、抑うつ状態にしても、非常に関わりにくいのが特徴です。特に躁状態では、攻撃的でパワフルなので、執拗に人を責め続けたり、暴力的になったり、嫌がらせをしてくる場合もあります。

 

この状態のために、家族も仕事も失うこともありますが、本人も好きで「嫌な人」になっているのではないことを理解してあげてください。

 

周囲の温かい支えがある方が障害も受け入れやすく、また周囲の協力があれば気分の変化の管理も行いやすくなります。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1

関連記事

LINEバナー