こころ百科KEYWORDS

気分障害きぶんしょうがい

2016.07.05公開
2017.03.16更新

気分障害とは

さまざまな場面において、適切な気分状態になれず、日常の生活が適切に営めなくなる状態が長引くと、気分障害と呼ばれます。

 

多くは、特定の気分が長く続くことで、喜ぶべき場面で喜べない、慎むべき場面でハイテンションになってしまうなど、場に不適切な態度や行動を取ることで明らかになります。

 

抑うつ気分が長く続くうつ病性のものと、抑うつ状態と躁(そう)状態を繰り返す双極性(気分の変動が大きい)のものがあります。

 

本人はうつ病性、および抑うつ状態で自分の存在意義を疑うなど苦悩することになります。

 

うつ病のセルフチェックはこちら

 

 

気分障害の初期症状

うつ病性の気分障害では、数ヶ月から数年間は「いい人」であるかのように振る舞います。自分の役割をしっかりと果たして周りに喜ばれようとするのです。

 

一見、健康そうに見えますが、この背景には「周りに喜ばれなければヤバイ」という焦りがあるので、実はすでに初期症状なのです。頑張りすぎて喜ばれることも減ると、一気に症状が発展します。

 

双極性の気分障害では、突然元気になって他者に攻撃的になります。テンションが下がってくると、この時の言動を後悔したりもします。そのあまり引きこもることもあります。

 

 

気分障害の原因

双極性の気分障害は、持って生まれた気分の調節機能が独特のバイオサイクルを持っていることが原因です。

 

気分は本来、身をおいている状況や出来事に対応して動くものなのですが、気分をつかさどるバイオサイクルが独特で、さらに影響力が強すぎて、気分本来の変動ができなくなっているのです。

 

うつ病性の場合は、双極性と同じくバイオサイクルが独特すぎて、気分本来の変動ができない場合と、この世における自分の存在意義を見失うあまり、社会的排除に敏感になりすぎて、心身ともに疲弊してしまった場合の2種類の原因があります。

 

 

気分障害の克服法

独特すぎる気分のバイオサイクルの影響が強い場合は、基本的に体の病気です。医師に相談し、バイオサイクルの波を理解したうえで、サイクルを整えるお薬を処方してもらう方が多いようです。

 

この判断は非常に高度なものなので、医師も経過観察で行います。

 

医師にかかれば、すぐになんとかしてくれる…と過度な期待はせずに、時間をかけて医師に自分のサイクルの特徴を理解してもらうつもりで、じっくりと医師との相談を蜜にしてください。

 

焦りの影響が強い場合は、自己価値や人生の価値を見つめなおす心理療法が有効なことが多いようです。

 

 

気分障害の人との接し方

場にそぐわない、人間関係にそぐわない気分状態の人と関わるのは疲れるものです。不快感のあまり、本人の人格や人間性が歪んでいるかのように疑うことも少なくありません。

 

ですが、本人も好きで場にそぐわない気分状態になっているわけではありません。

 

本人なりには場に合わせようと努力をしているわけですが、独特のバイオサイクル、または心身ともに疲弊した中で「普通」にできなくなっているのです。

 

孤立させないように、不適切な気分状態を許してあげて、必要以上に追い詰められないようにしてあげてください。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連ワード