非定型うつ病ひていけいうつびょう

2016.07.05公開
2017.03.29更新

非定型うつ病とは

非定型うつ病の大きな特徴として、出来事や状況への反応の良さがあります。典型的なうつ病では、何か楽しいことや良いことがあっても気分は沈み込んだままです。

 

しかし非定型型うつ病では、それまでの不調がなかったかのように一転して明るくなり、元気になるといった点が挙げられます。しかし、その元気は長くは続かず、再び抑うつ状態へ戻ります。

 

従来のうつでは不眠や食欲低下等が見られますが、非定型うつ病ではその逆に過眠や過食が見られます。身体症状としては、手足が鉛のように重いといった強い疲労感を覚えます。

 

また気分の落ち込みも、従来のうつでは朝方がつらいのですが、非定型うつ病では夕方から夜にかけて調子が悪いといった様子が見られます。

 

 

 

非定型うつ病の初期症状

非定型うつ病になりやすい方は、他人の評価が気になるタイプによく見られます。

 

そのため、何か人前で失敗をしてしまったり、周囲に気を使いすぎたりして、気持ちが落ち込んでしまうといったことがあります。夕方になると何となく不安、ということもあるでしょう。

 

しかし、何か嬉しいことや楽しいことがあれば気分は回復しますので、初期の落ち込みでは、「自分はうつ病かもしれないな」と認識できないかもしれません。

 

また非定型うつ病では初期から強い体の疲労感を感じます。その身体的な疲労から段々と気力のなさを感じていくようになります。

 

うつ病のセルフチェックはこちら

 

 

非定型うつ病の原因

非定型うつ病の発症原因は現在のところ解明されてはいませんが、発症するきっかけはストレスや性格等が挙げられます。

 

非定型うつ病になりやすい方は、他人からよく見てもらいたいという意識が強いと言われています。

 

自分の気持ちを抑えても相手に合わせる、子どもの頃から手のかからない「良い子」だった、などの特徴も指摘されています。

 

「良い子」と評価されなくなったり、ちょっとした失敗や叱責が大きなショックになって、精神的なダメージを受けやすいのです。

 

 

非定型うつ病の克服法

治療は薬物療法と精神療法が有効です。しかし、非定型うつ病の場合では、従来のうつ病よりも薬の効果が弱いと言われています。

 

非定型うつ病の精神療法は認知行動療法が効果的です。日常生活の落ち込みを書き止め、自分の考え方のクセを把握し、より落ち込みの少ない考え方を身につけていくこととなります。

 

医療的な方法のみではなく、日常生活からも改善を図ります。まずは家事や仕事をいつも通り行い、生活環境を整えましょう。

 

また外に出てウォーキングをしたりすると、心が晴れやかな気持ちになるでしょう。

 

 

非定型うつ病の人との接し方

非定型うつ病ではずっと落ち込んでいるということはなく、楽しいことや嬉しいことがあると気分が明るくなります。そのため、「甘えなんじゃないの?」と周囲が誤解してしまいがちです。

 

まずは、そのような気分の変化が症状であることを理解し、誤解によって起きる発言をしないことが、非定型型うつ病の経過を順調なものにしていく助けとなります。

 

また、他者からの拒絶に敏感であるため、些細な一言で責められた気分になり否定的な反応をすることがあります。そのようなときは冷静に否定的な意味はないことを伝えると良いでしょう。

 

それでも納得しない場合は、深追いは避けましょう。従来のうつ病では励ましは禁物でしたが、非定型うつ病の場合は励ましが良い刺激となります。

 

病状の経過に合わせて、主治医と相談の上、出来る範囲で自分の力で頑張ってもらうようにすることもサポートの一つです。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
2

関連記事