抑うつよくうつ

2016.07.05公開
2017.03.29更新

抑うつとは

抑うつとは病名ではなく状態や症状のことです。抑うつは、「抑うつ気分」と「抑うつ状態」に分けられます。

 

なんとなく憂うつであったり、気分が落ち込んでいるような気分の低下のことを抑うつ気分と表現し、抑うつ気分が強くなり思考や意欲といった精神機能も低下した状態を「抑うつ状態」と呼びます。

 

抑うつは受験の失敗や人間関係のトラブル等で誰にでも起こり得る症状です。

 

しかし、だからといって抑うつを気にせず頑張り続けると、重症化しうつ病へと発展していってしまうため、注意が必要でしょう。

 

 

 

抑うつの初期症状

抑うつ気分の時は憂うつ、気持ちが落ち込む、むなしい気持ちになるというようなことを経験します。

 

この時はそのような気持ちの沈みを感じながらも、外見的にはいつものように振る舞えたりして、なんとかやっていけます。しかし、抑うつ気分が酷くなり、抑うつ状態になるとできないことが増えていきます。

 

何とかこなせていた家事や仕事、学生なら学業などで能率が落ちる、普段しないような間違いを犯すとったことが起こります。

 

そして、「しっかりしなければ」という気持ちも出てきて焦る一方で、思うように出来ず焦燥感に襲われるようになります。

 

うつ病のセルフチェックはこちら

 

 

抑うつの原因

抑うつの原因は、精神的・肉体的ストレスであるといえるでしょう。

 

例えば転職、転勤、失恋や離婚、急激な生活環境の変化などです。このように見ていくと、誰もが経験しうるストレスによって生じることが分かります。

 

また、昇進や子どもの独立といった喜ばしい変化でも抑うつを生じることがあります。

 

また、性格が几帳面であったり責任感が強い方であると、ストレスのある状況下でも頑張ってしまうため、抑うつが生じやすいと言われています。

 

 

抑うつの克服法

抑うつ気分は日常生活の中で誰でも起こる症状です。

 

抑うつが生じた状況を正確に把握したり、辛い状況を段々と受け入れていく、そして、実際の問題に対して具体的な解決行動をとっていくことでストレスを乗り越え、抑うつは減少します。

 

しかし、ストレスのある状況を中々受け入れられない、ストレスの解決法が分からないなどで抑うつが酷くなる場合は、カウンセリングが有効です。

 

カウンセリングの場で、ストレス状況を振り返り、カウンセラーとともに、ストレスの低減のためにはどうすればいいのか、考えていきましょう。

 

ただ、「うつ病」と「抑うつ」はとても似ています。抑うつ気分は時間がたてば治るだろうと考えて放っていたら、実はうつ病だった、ということもあります。そのため、憂うつな気分が持続するようなら、精神科を受診した方がよいと思います。

 

 

▼抑うつ気分を沈めるために、セロトニンの分泌を安定させるには▼

 

 

抑うつの人との接し方

これまでよりも元気がない、好きなことにあまり興味を示さなくなったといった様子が見られましたら、まずはご本人のお話をゆっくりと聞いてあげてください。

 

何か考えすぎだな、と感じでも、否定せずに、「そのように考えてしまうんだね」と受け止め、ご本人が一番伝えたいことはなんなんなのかを理解していくことが大切であると思われます。

 

ただし、ご本人があまり話したがらない様子でしたら、「話したくなったら話してね」という見守りのスタンスを持ちましょう。

 

様子を見守っていて、以前と違う状態が長く続いているようでしたら、病院への受診を勧め、付き添って行ってあげてください。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
2

関連記事