不安障害ふあんしょうがい

2016.07.06公開
2017.03.16更新

不安障害とは

新学期が始まり、新たな環境でやっていけるだろうか、会社のプレゼンで成功するだろうか、といった不安は私たちの誰もが感じるものです。そのたびにドキドキするのは普通の事で、誰もが体験します。

 

しかし、日常生活に支障をきたすほどの不安を感じる場合、それは不安障害と呼ばれます。

 

代表的なものに日常生活のストレスがきっかけとなって強い不安感が長引く全般性不安障害、特に大きな理由がなくパニック発作を起こし、不安感から発作を起こした場所を避けるようになり、日常生活に支障をきたすパニック障害があります。

 

社会不安障害のセルフチェックはこちら

 

 

不安障害の初期症状

不安障害は症状によってさらに細分化されますが、共通点としては、不安を感じることです。

 

例えば、パニック障害であれば、パニック発作を起こしたことについて考え、また再び発作を起こしてしまうのではないかと不安になる全般性不安障害であれば、テレビで見た通り魔事件が、自分の身にも降りかかるのではないかと不安になるなどです。

 

このように何かしらに対しての不安が生じ、その不安感が拭えず、いつまでも持続してしまうようになります。その不安感によって、不安を生じさせる状況を回避するようになり、日常生活に支障が現れることになります。

 

パニック障害のセルフチェックはこちら

 

 

不安障害の原因

不安障害の原因は完全にはわかっていません。しかし、身体面・心理面の要因が関わっているといわれています。

 

身体的要因としては、脳内の神経伝達物質が上手く働かないことによる脳機能の問題であることが指摘されています。心理的要因では、ストレスを感じる出来事が本人にとって大きな出来事である場合が多いです。

 

その他にも、過労や睡眠不足など、疲れがたまっているときに生じやすいと言われています。そのため、普段から規則正しい生活をして疲れをためないように心がけましょう。

 

 

不安障害の克服法

このような状態が、これまで以上に長引いていると感じたら、精神科の医師に相談するのがいいと言われています。薬物療法と併用して精神療法を行うことの有用性が実証されています。

 

薬とカウンセリングを併せて処方してくれるようにお願いてみましょう。精神療法の中でも認知行動療法は特に効果のある治療法です。

 

認知行動療法によって不安が生じる考え方について検討していったり、不安が生じる場面を何度も体験することで不安を低減させ、自信をつけていくことで、症状は低減します。

 

また、不安が生じたときにはそこに意識を向けすぎないことも大切になります。不安を感じるとついついそのことについてあれこれ考えてしまうと思いますが、意識を向けることで不安は増大してしまうのです。

 

 

不安障害の人との接し方

ご本人にとって不安や不安障害に関連する症状は辛いものです。そのため、その辛さをまずはじっくり聞いてあげてください。そして辛さを理解してあげてください。

 

また、不安から生じる行為を、周囲の方にも要求した場合には(例えば確認行為、手洗いを何時間も強いるなど)常識的な範囲時間で切り上げてしまう方がよいでしょう。

 

なぜなら、そのような要求を受け入れ続けると、患者さんの「不安を打ち消す行動をするのは正しい」という考え方を助けてしまうことになり、症状がより強固なものになってしまうからです。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連記事