全般性不安障害ぜんぱんせいふあんしょうがい

2016.07.06公開
2017.03.16更新

全般性不安障害とは

普段私たちが感じる不安というのは、はっきりとした理由があり、期間は限られています。不安を感じることは決して悪いことではありません。不安を感じることで自分の身を守る対策を考えることが出来るからです。

 

しかし全般性不安障害では、理由のはっきりしない不安が長期間続き、日常生活に支障が出てきます。身体症状としては、頭痛、肩こり、震えなどが見られます。

 

精神症状としては、そわそわする、集中力が落ちる、些細なことが気になるようになる等が挙げられます。寝つきが悪く、夜中に目が覚めるといったこともみられます。

 

 

全般性不安障害の初期症状

初期の症状は、頭痛、めまい、肩こり、動悸などの身体症状が主です。そのような身体症状をきっかけに内科を受診しても原因がわからず、受診と検査を繰り返してしまう方も多くいらっしゃいます。

 

同時に子どもの帰宅がちょっと遅いだけでも何かあったのではないかと不安になり落ち着かない、救急車の音が聞こえると身内に何かあったのかも、と思い不安で何も手につかなくなるという極端な不安感が生じます。

 

症状が進行していくと倦怠感や疲労感がみられるようにもなります。

 

社会不安障害のセルフチェックはこちら

 

 

全般性不安障害の原因

原因についてはよくわかっていませんが、生物学的要因と心理的要因の二つから仮説が立てられています。

 

生物学的要因の仮説では、脳内の神経伝達物質で、不安を緩和する働きのある物質が上手く働いていないために生じると言われています。

 

心理的要因としては、本当は無害なものを誤って危険だと判断していることによる反応という認知行動理論による仮説や、解決されていない無意識の葛藤によって不安が生じているという精神分析理論による仮説があります。

 

 

全般性不安障害の克服法

薬物療法と心理療法が中心となります。薬物療法では、薬によって症状が治まってきても、医師の指示通りに服薬をしましょう。勝手に服薬を中止してしまうと再発してしまう危険性があります。

 

心理療法では不安によって日常生活に支障が出てしまった状態を話していくことで、心の余裕を取り戻し、今の現状についてしっかりと捉えられるようになります。

 

また、認知行動療法も効果的です。認知行動療法を通して、不安を生じさせる考え方とは別の、苦しくならないような考えを獲得し、日常生活を暮らしていけるようにする療法です。

 

 

全般性不安障害の人との接し方

ご本人のお話を聞くと、一見行き過ぎた心配性、過保護、と感じてしまうかもしれません。はじめは聞けていたけど、段々と話を聞き流してしまうといったこともあるかもしれません。

 

しかし、全般性不安障害によって生じる不安は、ご本人にとってかなりの苦痛をもたらしているのです。そのため、なるべくお話を聞き、理解を示してあげてください。

 

また、もしもご家族の中に、このような行き過ぎともいえる不安を訴えている方がいらっしゃる場合には、その不安についてしっかりと聞きつつ、なるべく早く精神科への受診を促しましょう。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
3

関連記事

LINEバナー