自閉症じへいしょう

2016.07.11公開
2017.03.16更新

自閉症とは

自閉症は発達障害のうちの一つです。最近はアスペルガー症候群とともに「自閉症スペクトラム障害」または「広汎性発達障害」とも呼ばれています。

 

自閉症には3つの特徴があると言われています。

 

その特徴とは、

 

・視線が合わなかったり集団行動が苦手といった対人関係の苦手さ

 

・好きなものにとことんこだわってしまう、同じしぐさや行動を繰り返すといった限定的な興味やこだわりの強さ

 

・言葉の発達が他の子どもよりも遅かった、などが挙げられます。

 

 

自閉症の初期症状

自閉症のお子さんは、赤ちゃんの頃から母親に甘えようとしなかったり、視線が合わない等、コミュニケーションの側面で特徴が現れるでしょう。表情も乏しく、あまり笑うようなことはありません。

 

少し大きくなって3歳頃には、他のお子さんが言葉を話し始めるのに対し、まったく言葉が出ない、または会話が出来ない、言われたことをそのままオウム返ししてしまうなどの言葉についての特徴が現れます。

 

知らない場所や、いつもと違う道が苦手です。幼稚園に行くとパニックを起こすこともあります。

 

その徴候を捉えることが難しいので、日々の子育ての中で、注意深く目を向けることが重要でしょう。

 

自閉スペクトラム症のセルフチェックはこちら

 

 

自閉症の原因

遺伝要因による脳の特性によるものとして考えられています。自閉症のお子さんは視線が合わなかったり、自分の気になるものがあればそれにこだわってしまう事があります。

 

そのようなコミュニケーションの特徴、こだわりの強さは周囲の人から「態度が悪い」「わがままだ」と感じられてしまう場合もあり、それが「親のしつけのせいだ」との誤解も多く見受けられます。

 

しかし、このような症状は脳の働きによるものであり、決して親の育て方やしつけが原因だというわけではありません。

 

 

自閉症の克服法

自閉症は生まれつきの脳の特性によって、対人関係についての関心が薄いために生じています。

 

自閉症の症状は、本人なりの「健康」なので、治療で治すものではありません。

 

非常に個人差が大きいので、多くは「療育(治療教育)」を通じて、本人の得意なこと、苦手なこと、できること、できないことを時間をかけて把握するところから始まります。

 

そして、その人なりの社会で暮らす上で、必要なコミュニケーションスキルを身につけることが重要です。

 

例えば、話ができないレベルの自閉症であれば、人に意思を伝えるカードを持ち歩く、身近な人とは意思疎通のサインを決めておく、などが挙げられます。

 

 

自閉症の人との接し方

周囲の方は、まず自閉症についての知識を身につけましょう。そうすることで、本人の特性をある程度理解できます。その上で、話す際には曖昧な表現を使わずに、簡単で分かりやすく伝えるようにしましょう。

 

伝えるだけでは忘れてしまう様子であれば、紙に書いて渡しておいた方が良いかもしれません。また、自閉症の方は急な予定変更などのいつもとは違う行動をすることはとても苦手です。

 

急な変更がある場合はなるべく早く伝え、先の見通しをしっかりと説明することで、予定外の行動を取る不安感を軽減しましょう。

こころ百科 監修
杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連記事

LINEバナー