【ADHD】特徴・チェックリスト・仕事…カウンセラーと当事者の声まとめ

ADHDの特徴

注意の欠如

ひとつのことに注意を向けて、長い時間集中するのが難しいことです。

 

動きが多くて落ち着かず、時に衝動的な行動におよぶこと

このふたつの特徴が、両方そろっているタイプもあるし、どちらか一方だけが目立つタイプもあります。

 

>>参考記事はこちら

 

報酬に対する問題

ADHDの多動-衝動性の根本には、「報酬が遅れることが嫌い」という報酬系の問題があります。

 

報酬系とは、楽しいことをすれば快感が得られて、その活動をもっと求めるという、脳内の回路のことです。定型発達の人は、この報酬が時間的に遅れてもある程度は我慢できますが、ADHDの人は我慢するのが難しいと言われています。

 

例えば、「いま、ここに100万円あります。1年、貯金すれば120万円になりますよ」と言われた場合、1年待てるのが定型発達、待てずに使ってしまうのがADHDと言えば、わかりやすいかもしれません。

 

ADHDの「多動」

ADHDの「多動」とは、次のように説明できます。

 

例えば、ADHDの方が入院をしたとします。入院中は暇で退屈です。そうなると、その状況に耐えられずに、色々な楽しいことを探し求め探検するでしょう。

 

そうすると、看護師さんから「◯◯さんは、いつも病室にいなくて色々なところを動きまわってます」と言われるかもしれません。

 

授業中も、勉強よりも、他の楽しい活動を優先させてしまうために、集中できないという状況が起こります。ADHDの人では、貧乏ゆすりやてまぜ(手遊び)をする人もいます。

 

これは、今の活動から逃げ出せないから、逃げ出せない範囲で楽しいことをしようという発想で起こる現象です。

 

ADHDの過集中

また、ADHDの人の中には「過集中」という現象が起こります。

 

これは、好きな活動ならば何時間もできるという現象です。これも、報酬系の問題です。

 

目の前の活動が快感過ぎる状態です。過集中は、その人が好きではまってしまう活動にしか生じません。

 

ADHDの人の「あるある」として、はまっているうちは何時間もできるのに、「飽きた」と思った瞬間できなくなるという現象があります。これも、報酬系の問題からです。

 

>>参考記事はこちら

 

ADHDセルフチェックリスト

1.細かい注意を払うことができない

2.不注意から失敗することがよくある

3.注意を持続し続けることが難しい

4.話かけられても聞いていないように見える

5.指示されたことをやり遂げることが出来ない

6.順序立てて課題を進めることが難しい

7.継続して課題に取り組むことが難しい

8.よく必要なものをなくす

9.よく関係ないことで気が散る

10.忘れたり、抜け漏れることがある

11.そわそわと手足を動かしたり、座っていてももじもじ動いてしまう

12.着席しつづけるのが難しく離席してしまう

13.じっとしていられないような気分になる

14.静かに遊びや余暇活動に取り組むことが難しい

15.勢いよく行動し続ける

16.じっとしていると落ち着かない

17.しゃべりすぎることが多かったり、相手の話が終わる前に話し始めてしまう

18.相手の言葉を先取りして話してしまう

19.他の人の活動を遮って邪魔をしてしまう

 

>>参考記事はこちら

 

 

ADHDと仕事

仕事を先延ばし…対処法は?

①障害特性だと知る

案外、自分の特性について知らない人が多いです。

 

まずは、「楽しいことを先延ばしできない」「楽しくないことをやるまでに時間がかかる」というのは、障害特性であることを認識しましょう。

 

あなたが悪いわけではありません。

 

②自分にとって何が楽しいのかを探る

意外にこれが、できていないと苦しいです。

 

何が楽しい作業かというと、単純に長い時間やっている(やれている)作業などが考えられるでしょう。

 

③可能であれば、まとめてやる

毎日、コツコツと続けると楽しくないんです。

 

まとめてやったほうが、達成感が得られたりするし、やりやすいです。

 

しかし、仕事上のことで溜めすぎると危険なものもありますよね。そこで、貯めるリミットを作りましょう。例えば、報告書は3枚溜まったらやるなどです。

 

④先延ばしする仕事の後に、楽しい仕事をする

これは、行動療法の中のプレマックの原理と呼ばれるものの応用です。

 

子供だましのような発想ですが、先延ばししている活動の最中に、「あとすこしで◯◯ができる」と思うと、少しやる気がアップします。

 

⑤楽な仕事を目につかない場所に置く

ADHDの不注意がかぶっている場合、目の前にやるべきではない楽しい仕事があると、その仕事に飛びついてしまうことがあります。

 

なので、なるべく、環境を整理することはとても大切です。

 

⑥嫌な仕事をする際に、同時に楽しい作業をする

これは、仕事上、推奨されないのかもしれませんが…。

 

例えば、音楽を聞きながら勉強をする人もいますよね。あのような感じで、何かをしながら何かをするといい場合があります。

 

例えば、報告書を書きながら、時々、メールをチェックするなどです。メールチェックは、なにげに好きな人多いんじゃないでしょうか。

 

⑦細かい達成感が得られる工夫をする

達成感が得られると、その作業が少し楽しい活動に変わります。営業成績とかが伸びると楽しいですよね。

 

To doリストを書きだして、チェックしていくのも達成感が得られます。子どもなら、シールとか貼りますよね。

 

日々書くような日記など、なるべく目に見えるものがよいです。

 

>>参考記事はこちら

 

 

ADHDとお金

計画的にお金を管理するには?

ADHDの方のお金の管理についてですが…

 

①まずは、1ヶ月の必要経費を計算しましょう。

 

②その上で、貯金する金額は、おろさずに銀行に入れておきます

 

③そして、おろしたお金から、1ヶ月の食費を別の財布に入れます

 

食べるものは、この財布からしか使わないようにします。残ったお金が1ヶ月のお小遣い(自由に使えるお金)になります。

 

食費用の財布のお金は、すぐなくなってしまうかもしれません。しかし、それは症状から来ているので、大丈夫です。1ヶ月の間に必要なその他のお金は確保されています。

 

ちなみに、家計簿をつけるのは、あまり向かないような気がしています。

 

最近は、レシートを写真にとるだけで解析してくれるアプリがあるので、できるかもしれませんが、根気が続かないような気がします。

 

また、クレジットカードは、使わないようにします。これが最も重要です。

 

特に浪費癖があるADHDの人には大敵です。特にリボ払い等に頼ると、毎月の返済額がとんでもないことになってしまいます。

 

>>参考記事はこちら

 

 

ADHDと子ども

ADHDは発達障害のひとつで、障害の特徴はごく小さな年齢から目立ちはじめます。特に、多動のあるタイプでは、2,3歳ころから、落ち着きのなさや衝動性が際立ってきます。

 

外を歩くと、車道に平気で飛び出して危なくて手を離せなかったり、スーパーやデパートでは、親が目を離したすきにすぐどこかに行ってしまいます。

 

ADHDを含めた発達障害のお子さんは、沢山いいところがあります。子どもらしくてかわいいし、何よりとっても人懐っこいんですね。

 

いい意味ですぐに忘れてしまうので、根に持たない。集中できないといっても、好きなことにはものずごい集中力を見せる子もいます。

 

こういう長所は、家族を含め周囲が、しっかりと評価して認めてあげないといけないと思います。

 

ADHDの子どもたちにとって、ADHDの特性を理解してくれる家族や先生、励ましてくれる友達が、一人でもそばにいてくれることが救いになるのです。

 

>>参考記事はこちら

 

 

ADHDの特徴に関するお悩み相談

Q.思ったように行動出来ない…

「あれ、なんでこう動いたんだ?」とか「なんでこういう事言ったんだ?」等のことはしょっちゅうあります。>>ご相談全文はこちら

 

カウンセラーからの回答

興味があることに没頭していたり気持ちが傾きすぎていると、他の日常的なことを自分がやったかどうか思い出せないという人もいます。
ADHDをはじめとした発達の偏りがある方の中には、静かで刺激の少ない環境ならば良いのですが、多くの人がいる場面等では大事な情報だけを選別して取ることに、苦手さがある人がいます。

>>回答全文はこちら

 

 

Q.頑張っても普通になれない…

人間関係も、最初は天然やバカで押し通せていたものの、人の話を聞くのが苦手だったり、頭の中で言葉を考えるのが苦手(診断にも出ています)です。

 

言葉にどうしても詰まってしまったり、うまく返すことができなくて、イライラさせてしまいます。>>ご相談全文はこちら

 

カウンセラーからの回答

「好きなことだけでも幸せになりたい。好きなことだけしていたい!好きなことを極めたい!」と思われることは、とても自然なこと
あなたを苦しめている一番のポイントは、他人と自分を比較していることではないでしょうか。他人と比較してしまうと、どうしてもその先には「自責感」しか残りません。
発達障害は一つの特性であり、高い才能や可能性を秘めているということ。
出来るだけ沢山の失敗や挫折、「人と自分は違うんだ」という体験を数多くしてほしいと思います。
「普通になれない」という感覚に出来だけ早く慣れることです。

>>回答全文はこちら

 

 

Q.生きづらく、失敗ばかりです…

私は子どもの時から要領が悪く、周りが自然とこなせる事をこなせないことが多く、「自分はなんてだめな人間なのだろう」と思い生きてきました。

 

発達障害について調べてみると、ADHDの症状がまるで自分のことだと気がつきました。

 

しかし、自分が障害者ということを認めたくない為、今まで誰にも相談できずに抱えて悩んで過ごしてきました。>>ご相談全文はこちら

 

カウンセラーからの回答

私があなたにお伝えしたいことは、人は誰でも不完全であること。何かの問題を抱えながら生きていること。
発達障害は人に知られて恥ずかしいものではないということもお伝えしたいです。
ダメだという体験を積み重ねると、人は自己肯定感が低くなります。
あなたが望まれる「障害を持った自分に自信を持ち、のびのび生きていけるようになるため」には誉められ、認められる経験を積み重ねて、自信や存在価値を高めることが、必要だと感じました。

>>回答全文はこちら

 

 

ADHDと仕事に関するお悩み相談

Q.ケアレスミスが多く集中できない…

自分を「ADHDなのでは?」と思うようになりました。特に社会人になってから、確認ミスやケアレスミスが多く、周りに迷惑をかけることが多いです。

 

逃げ回ってしまうのも、失敗しまくりで、人から離れた方がよいのでは?と思っているからかもしれません。>>ご相談全文はこちら

 

カウンセラーからの回答

仕事を辞めたいと思っていないのなら、周囲を慮って辞める選択に急がずに、考えてみて欲しい
ADHDという診断があったとしても、人それぞれ様々に傾向も違うし、性格も違うといった個性があるもの
仕事に「注意して取り組む」といった漠然とした意識より、ミスした状況を具体的に振り返り、注意するにはどう行動するのか、といった「具体的な行動」を実践していくのもいいかと思います

>>回答全文はこちら

 

 

Q.仕事の要領が悪く、苦労…

以下のようなことでいつも困っていて、ADHDの可能性があるのではないか、と思っています。

 

・人から聞いた話を忘れる

・量が多い文を読んだり話を聴くと、大枠を覚えられない、瞬時に理解できない

 

>>ご相談全文はこちら

 

カウンセラーからの回答

お仕事については、やり方や道具の使い方で少し楽になるかもしれません
会議を録音して議事録を作成
ミスする項目のチェックリストやマニュアルを作成

>>回答全文はこちら

 

 

Q.仕事中、もの忘れが激しい…

仕事中にどんなに注意しても、不意に業務を命じられたりすると、他のことをすべて忘れてしまいます。

 

忘れてしまったことで激しく落ち込み、死にたくて仕方がなくなります。

>>ご相談全文はこちら

 

カウンセラーからの回答

ADHDという発達特性から考えても、出来ることが限られてしまうことがある
決してあなたがおかしいからとか能力がないからではありません
周囲の理解をうながしたり、環境調整をはかることで改善していける可能性はあります

>>回答全文はこちら

 

 

Q.ADHDを隠して就職活動

現在、成人のADHDと診断されて慎重に就職活動を行なっております。ADHDは伏せて就職したいと思ってます。

 

しかし、不器用な性格な為、資格の勉強と並行して就職活動することが難しく、また、自分が何をやりたいのか全くわからない状態で困ってます。>>ご相談全文はこちら

 

カウンセラーからの回答

発達障害の方に向いているとされるお仕事が、絶対的なものではない
ADHDのことを企業には伝えないまでも、大学の就職支援室では発達障害のことを伝えておく
こまめに就職支援室等に顔を出して、自分のことを覚えてもらう

>>回答全文はこちら

 

 

ADHDに関するインタビュー

【ADHD×子ども】濱島寛乃さん

実はうちの息子も、アスペルガー症候群、ADHD、LD(学習障害)を持っていて、特別支援学級に在籍していたことがSmile Seedを開所したきっかけにもなっています。

 

発達障害を持つ子どもたちは知的障害を伴わないので、障害者手帳が出にくいケースが多く、最近は就労支援等が拡充しつつありますが、まだまだ社会的支援や就職先が不十分であることがすごく多いんですね。

 

その一方で、普通に将来の夢があったり、普通の社会人になって「ああなりたい、こうなりたい」という想いがある。

 

私たちは、そういった子どもたちの想いを応援してあげたいと思っています。

 

>>インタビュー全文はこちら

 

 

【ADHD×働く】野中麻衣子さん

ADHDというのは不注意と衝動性と多動性の3つが組み合わさった障害だと言われています。

 

・ノートが汚い

・物をなくす

 

といった不注意の衝動があるのですが、私は計算ミスという形であらわれて苦しめられました。

 

その頃は発達障害という言葉は知らなくて、動いてしまったり、不注意になってしまうことで、周囲との違和感はずっとありましたが、まさか病気だとは思っていませんでした。

 

「努力不足だ」「自分が駄目だからだ」と思っていたので。

 

周りにも、発達障害だと気づく人はいませんでした。

 

>>インタビュー全文はこちら

 

 

あなたも書いてみませんか?

Reme(リミー)では、皆さまからの体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

以下内容を投稿後、当社にて編集の上、サイト公開いたします。

※「書きたいけど、どうやって書けばいいか分からない」「連載形式で書きたい」などのご希望がある場合、個別にご連絡を差し上げます。以下の入力欄にメールアドレスを明記の上、お申し付けください。

 

【ペンネーム】
【体験談】

関連記事