考えすぎる性格で常に気を遣っている感じです(20代・女性)

2016.11.27公開 2017.03.21更新
成田恵

回答者
成田恵
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1
ご質問

考えすぎる性格面があり、物言いもきついため、人との関わり方にいつも苦労します。本当の自分ではなく、常に気を遣っている感じです。

 

自分の性格・生き方・人との関わり方について悩んでいます。このようなことを人に言うと、いくら親しい間柄でも中二病のように思われてしまいそうで言えません。

 

20代で妊娠し、結婚して子供がいます。平日はオフィスワークで働いています。

 

自分の性格、生き方、人との関わり方について、ずっと頭の中で考えすぎてしまい混乱しています。

回答

ご相談ありがとうございます。

 

ご自身の性格や生き方について、とても深く考えていらっしゃるのですね。自分のことについて考え、深く理解することは大切なことだと思います。

 

しかし同時に、考えすぎるあまり、正解が分からず生きづらさを感じることがあるようですね。

 

時に私たちは、頭で考えるあまり、目の前の現実を置き去りにしてしまうことがあります。

 

大切な人との関わりにおいて、愛情や幸せを感じられる瞬間があったとしても、考えの中に埋もれてしまい、見えなくなることがあります。

 

あなたの場合はいかがでしょうか。目の前の相手との会話に集中できていますでしょうか。

 

まず、あなたにお伝えしたいことは、考えがまとまらず混乱してきたら、一旦考えを一休みさせてみることです。

 

ヨガやストレッチをして体に意識を向けてみたり、無心で料理や掃除に集中してみたり。好きなアロマの香りを楽しむのもおすすめです。

 

思考を休めること=今に集中すること

 

まずそこから取り組んでみて、今に集中できるようになったら、ご自身の大切な人との関わり方について具体的に観察してみてください。

 

実際にどんな関わり方をしていて、それはあなたの望む関係とどう違うのか。なるべく事実ベースで観察していけるといいと思います。

 

それから、あなたの望む人間関係について考えていきましょう。

 

その際、「正しい/間違っている」「〜するべき」の基準を一旦離れて、「自分はどうありたいのか」という視点を大切に考えてみてください。

 

また何か気づくことがあったら、いつでもご相談ください。一緒に考えていきましょう。

成田恵

成田恵

臨床心理士

心理相談室QueSera(ケセラ)代表

成田さんのインタビュー記事はこちら

心理相談室QueSera(ケセラ)代表

成田さんのインタビュー記事はこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1

関連記事