性同一性障害者かもしれないです。女の子に少しでも体を近づけたいです

2016.12.14公開 2018.05.03更新
大賀一樹

回答者
大賀一樹
臨床心理士

ご質問

私は性同一性障害かもしれないと思っています。私は男ですが女子によく話しかけられるという環境で育ちました。

 

私自身は、女の子に少しでも体を近づけたいと思っています。こんな私は、性同一性障害者なんでしょうか?それとこのまま突き進んでもいいんでしょうか?

 

あと、高校生でもプエラリアを使っても大丈夫でしょうか?

回答

初めまして、ご相談ありがとうございます。

 

あなたのお悩みは、「身体を女性に近づけたい」「自分が性同一性障害なのかどうか」「高校生でもプエラリアというサプリメントを飲んでも大丈夫か?」という3つのお悩みなんですね。

 

1つ目の、「身体を女性に近づけたい」というお悩みは、性同一性障害の人やトランスジェンダーの人によくあるお悩みのひとつです。

 

あなたの今の身体は、もしかしたら第二次性徴を迎えているかもしれないし、まだかもしれませんが、自分の今の身体に違和感があったりますか?

 

今は、身体の変化に色々な不安を抱えていると思います。だけど、大切なのはあなたの「こころ」です。

 

あなたの「こころ」が、「私は女性だ」と言っているのなら、それを信じることが大切だし、あなたのこころが「私の性別は…まだ分からない…」と答えを見つけられてない状態なら、色んな人に相談をして、いっぱい悩んだ方が良いと思います。

 

身体を「女性化する」というのは、仮に今から始めても1日とか2日ではできなくて、少しずつ、少しずつ、何年も、何年もかかることです。

 

結局、何事もすぐには効果はでないので、それならなおさら、じっくり悩みながら、自分のことを考えたり向きあっていくことを癖にしていってみるといいかもしれませんね。

 

2つ目の「あなたが性同一性障害かどうか」だけれど、こればっかりはお答えできません。なぜなら、性同一性障害かどうかを決めるのは、日本では「お医者さん」しかできないからです。

 

性同一性障害かどうかを判別するお医者さんは、「ジェンダークリニック」という病院にいます。もし本当に自分が性同一性障害かどうか、知りたくなったらジェンダークリニックという言葉で、病院を調べてみて下さいね。

 

私は、あなたが性同一性障害であっても応援するし、そうでなくても応援します。

 

性同一性障害やトランスジェンダーの方には、身体を手術したい人、服装を変えればOKな人、周りの人に理解されれば服装も我慢できる人、などなど様々な方が居ます。

 

大事なのは、あなたは性同一性障害である前に、かけがえのない大事な人間なんだってこと。それを忘れないで下さいね。

 

最後に、「高校生でもプエラリアというサプリメントを飲んでも大丈夫か?」という質問ですが、サプリメントは効果に個人差がとてもあります。

 

プエラリアというサプリは、植物由来のエストロゲン(女性ホルモン)を主な成分としています。使ってよいかどうかですが、サプリメントはパッケージや箱などに「注意事項」や「年齢制限」や「飲み方」が書いてあると思いますので、よく読んでみて下さい。

 

年齢制限がなければ使用は大丈夫ですが、その場合も「副作用」があるので、気分が悪くなったらすぐお医者さんに診てもらいましょう。

 

★「ジェンダークリニック」について

性同一性障害かどうかを診断するお医者さんは、ジェンダークリニックという病院にいますとお話ししましたが、地域によってはジェンダークリニックがない地方もあります。

 

あなたの住んでいる地方で、もしLGBTについて支援をしている団体があれば、まずはそういった団体のオトナと繋がって協力してもらうことも一つかもしれません。

 

 

★サプリメントについて

サプリメントの副作用についてはお話ししましたが、そもそもサプリメントは、「書かれている効果がない」「むしろ違う効果があった」というような健康に悪い影響をもたらすリスクがたくさんあります。

 

すべてのサプリメントを使用するな、という強制はいませんが、出来るだけ信頼できそうなサプリメントを選んで欲しいですし、本当はあなたを理解してくれているお医者さんからきちんと説明を受けた上で使ってほしいと思います。

 

あなたの健康とあなた自身を心から応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る