ストレスに対処できないことで、ネガティブな感情が溢れてしまいます(20代・女性)

2017.01.19公開 2017.04.04更新
ロケ民子

回答者
ロケ民子
正看護師

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
13
ご質問

今回、心理的に限界がきてしまった原因は、日常的に発生する問題や、人生の悩みからくるストレスに対処できないことのような気がします。

 

対処しきれず、すぐにネガティブな感情が溢れてしまうのは心の拠り所がないからだと思います。

 

リラックスできるした時間を一緒に過ごす人がいないので、24時間、気を張ったままの状態でおり、それが今一番辛いのだと思います。

 

独りでリラックスできる方法を色々と試してみたのですが、どうしても限界があるようです。

 

そうした生活を続けていると、どうしても思考力や記憶力が低下してしまったり、食欲低下や吐き気を感じてしまうような状態になってしまいます。

 

誰かにそばにいてほしいのですが、実際そうなると、必要以上に気を遣ってしまって、結果的に疲れ切って独りで回復するために、余計に辛い思いをして、なんだかよく分からない状況になります。

 

時々、男性からデートに誘われたりするのですが、彼氏を作ったほうが楽なんじゃないかと思う反面、いざ誘われると、なんというかムカついてしまうんです。プライドが高いんだと思います。

 

でも、好きじゃない人のデートに付き合っても、ストレス溜まるだけだし、相手にも失礼だよなとも思えば、合理的な判断ではあると思うんです。

 

「一回、食事してみたら」という話も聞きますが、自分の性格ではそれはないかなと思います。頑固でしょうか。

 

親しい友達というのも難しい問題で、同性の友人とリラックスした時間を過ごすのが苦手で、異性の友達は、距離感が難しいです。

 

どちらも独特なバランス感覚が必要で、いつも細心の注意を払っているようで、やはりリラックスできません。難しいです。

 

前回、いただいたアドバイスを元に数週間自省してきました。

 

心に引っ掛かっているものに関しては、私自身の中で、時間とエネルギーは必要であるものの、少しずつ解けていけるような気がします。

 

幸いにも、過去に遭った事柄に関しては、あまりとらわれなくなってきました。

 

そのおかげで、現在起こっている問題に集中しやすくなれたと思っています。

 

前回の相談を見る

回答

ご返信を頂きありがとうございます。
その後どうされたかなと思っていたところでした。アドバイスを参考にしてくださりありがとうございます。

 

心に引っかかっているものが、少しずつ明確になってきてよかったですね。

 

なかなか、自分のことになると客観的に考えられないことが多いですが、あなたはご自分のことに対しても、事実をしっかり把握していらっしゃいますね。

 

いろいろなことを理論的に分析する力がおありなんだと思います。

 

「日常的に発生する問題や人生の悩みからくるストレス」について、これ一文のみでは、はっきり何が問題だったりストレスの原因になるのかわかりませんが、毎回「細心の注意を払っている」という文面を拝見すると、

 

今まで人間関係が苦手だなと感じながらも、我慢して人に合わせたり、一緒にいたりしてきていませんか?

 

気兼ねせず、心の内を話せる誰かを欲している反面、人間関係のストレスや自分と相手の心理的距離感に悩まれているように感じます。

 

人間関係は白黒だけでなく、時には濃淡あるグレーもあったり、絡み合ったりして、はっきりせず疲弊することもありますよね。

 

あなたのおっしゃるように、できないことや好きでないことを無理に人に合わせてまでやる必要はありません。あなた自身が、いつでも心地よいと思うことを選択することができます。

 

まずは「私は人と一緒にいるとストレスが溜まりやすいんだなあ」と自分を認めてあげてください。「そんな自分もまあいいか」という風に。

 

大丈夫です。あなたが楽に感じることを選択していいんですよ。自分の本心を違うことをすることがストレスになります。

 

とはいえ、今、自分の思いを誰かに打ち明ける場はないのは辛いことですよね。一人ですべて抱えるのも苦しいです。

 

誰か話せる心の拠り所がないとのことですので、一人で対処できなくなる前に、ぜひこちらか私宛にメールを送ってもらって構いませんよ。

 

あなたの力になりたいので、ぜひ具体的な内容を教えてください。怒り、悲しみ、不安、不満、苦しみ、そういう感情を頭で理解しようとせず、吐き出してみてください。

 

そうすることで感情が浄化されていくでしょう。

ロケ民子

ロケ民子

正看護師

La femme 〜ラ・ファム〜 代表

詳しい情報・お問合せはこちら

La femme 〜ラ・ファム〜 代表

詳しい情報・お問合せはこちら

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
13

関連記事