苦しい気持ちを楽にする方法を教えてください(40代・女性)

2017.04.24公開
川瀬まり

回答者
川瀬まり
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
30
ご質問

苦しい気持ちを楽にする方法を教えてください。夫の元妻からのひどい仕打ちに苦しんでいます。

 

今の夫は、私の同級生の元夫です。

 

私が未婚で出産し田舎へ戻った時に、同級生の元妻に出会い、元妻に誘われ家に遊びに行くようになりました。

 

元妻に家に誘われて、直ぐに相談されたのが「旦那が厳しくて遊びに行けない」ということでした。

 

元妻は学生時代から明るく活発な性格で、私は引っ込み思案で大人しい真逆なタイプ。

 

元妻は他の同級生から聞くと、わがままで自分が一番でありたく、仲間外れや意地悪をするタイプだと。

 

私は学生時代、殆ど自ら話すことはなく、話しかけられたり誘われたら行くような性格で、他人がどんな性格だったなど、あまり感心がありませんでした。

 

私は旦那さんや子供に申し訳なく思い、元妻には重ねて注意したのですが全く聞かず行動はますますエスカレート。

 

 

両方の相談役になり、子供の為に離婚しないよう説得にあたりました。

 

すると、元妻が、近所や保護者などに「私が旦那を寝とった」と言いふらされました。

 

私はその時、幼児をかかえ働いており、対人関係が苦手ながらも、子供の為にと、近所付き合いなど頑張ってた最中でした。

 

振り回されても、最後まで元妻の相談役になったのに、結末はありもしないことを元妻に流され、心が折れそうでした。

 

私は子供を連れて町を出ようと思いましたが、旦那さんに逃げたら相手の思うつぼになるでと止められました。

 

 

そんなこんなで、子供たちの将来など話すうちに、一緒に頑張っていこうとなり、夫婦になりました。

 

しかし、主人と一緒なったらなったで「やっぱりな」と近所で噂がまた再燃したりと、なかなか辛い日々が続きました。

 

今もずっと何らかの嫌がらせをされ、私は気持ちが楽になりません。

 

「あんな人となぜ結婚したのか」等で、主人に当たってしまい、辛い思いをさせてしまいます。

 

どうすれば気持ちは楽になりますか?教えて下さい。

回答

こんにちは。

 

今のあなたの苦しい気持ちを、どうすれば少しでも軽くできるか考えてみました。

 

苦しい気持ちを正面から見据えて、自分の意志や努力で「変えられるもの」と「変えられないもの」に分けてみると、整理しやすいかもしれません。

 

そして、さしあたり、「変えられそうなもの」に集中して取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

ただ、「変えられるもの・変えられないもの」は、割と主観的なもので、人によって違います。

 

ですので、いろんな人の意見を聞いてみることで、具体的なヒントが得られるかと思います。

 

ですが、その前に、何より先に必要な作業があるように思います。

 

それは、「自分の気持ちを知ること」「物事を自分の意思で決めること」です。

 

あなたが今より楽になるために、不可欠な作業だと思っています。

 

あなたは昔から、自分の意志を通す代わりに、周りの人に合わせてこられたようですね。

 

他人を尊重できるのは素晴らしいこと。ですが、自分の気持ちにも注目してあげてください。

 

自分の気持ちを知った上で、相手を思いやらないと、後で無理が出てきます。

 

あなたを一番理解し、助けることができるのはあなた自身。あなたの人生の責任も、あなた自身にあります。だからこそ、自分で決断して行動することが大事なのです。

 

ここに相談してくださったことは、あなたがご自分で決めて起こした行動、確実な一歩です。

 

漠然としていて、わかりにくいかもしれませんね。もう少し具体的に説明します。

 

まず、自分の心を知ること、一つ一つの出来事に対する自分の感情がわかること。

 

これは、練習すれば(いつもとはいきませんが)少しずつできるようになります。心配しないでください。

 

自分の気持ちがわかったら、自分はどうしたいのかを考えてみましょう。この時、現実を見て、損・得勘定もしっかり考えてみてください。

 

そして、自分で結論を出す。これが一番大事です。

 

自分で納得して出した結論は、結果がどうであれ、ある程度受け入れられるもの。たとえ、結果に満足しなくても、納得できるものです。

 

日常の、とても小さなことからでいいので、「自分はこうしたい、自分はこうしたほうがいいと思うからする」ということを実践してみてください。

 

例えば、「周囲の噂が嫌で引っ越したかった」と書いていらっしゃいますが、もう一度 その気持ちを見つめてみるのもいいかもしれません。

 

例えば、「大事なのは家族の幸せであって、周りの人はどうでもいい。だから思う壺だと思われようが、いやな環境から離れたい」と思うかもしれません。

 

だったら次に、引越しをした場合について具体的に考えてみるのです。引越ししたからといって急に全てがバラ色に変わることは稀です。

 

実際のプラス・マイナスを考えた上で、それでも引越ししたいと思ったら、ご主人としっかり話し合うことができるのではありませんか?

 

もちろん引越し後の生活がどんなものであっても、自分が決めたことだから受け入れるといった覚悟も大事です。

 

すぐには上手くできなくて当然です。できるところから、ちょっとした変化から始めていってください。

 

それでも苦しさが残るようなら、気軽に臨床心理士など専門家の助けを借りてください。

 

それからもう一つ。ご主人につらく当たってすまないと思ったら、ためらわずに気持ちを伝えてくださいね。意地になっていいことは一つもありませんから。

 

ご夫婦の間は、なんでも話せるようにしておいた方がいいと思います。

 

長い人生。あなたの、あなたたちご夫婦の、幸せを見つけて行ってください。

川瀬まり

川瀬まり

臨床心理士

臨床心理士(psychologist)性セラピスト(sexologist)

川瀬さんのホームページはこちら

臨床心理士(psychologist)性セラピスト(sexologist)

川瀬さんのホームページはこちら

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
30

関連記事