過去にとらわれないためにはどうすればいいでしょうか?

2017.07.09公開 2018.05.18更新
加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

ご質問

過去にとらわれない生き方をするためにはどうすればいいでしょうか?

 

半年以上前に失恋をしてしまいました。それ以降ずっと過去にとらわれて考えてしまいます。

 

「〜してしまったから」「〜しなければいまごろ…」

 

といった考えが、ふと無意識のうちに出てきてしまい苦しいです。気持ちが落ち込むだけではなくて、本当に胸のあたりが締めたれられる感じに苦しいです。

 

自分自身でも、過去にとらわれていては、そこに止まったままで前に進めないというのはわかっていて、過去を考えて落ち込む生活を止めたいと思っています。

 

何度も何度も、「今を生きないと!!」っと自分に言い聞かせても、無意識のうちに戻ってしまうんです。

 

もうこんな考えてもしょうがないことを考えてしまい、無意味に落ち込むのは嫌です。やめたいです。

 

どうすれば過去にとらわれた考えをせず、本当の意味で前進できますか?

 

▼前回の相談はこちら▼

回答

再度投稿頂きありがとうございます。

 

半年以上前に失恋をされ、今もその苦しみの最中にいらっしゃるとのこと。

 

明けない夜は無いのだと頭では思いながらも、何とか前を向こうと歯を食いしばって耐えていらっしゃるご様子が目に浮かびます。

 

投稿者様が「今を生きないと!!」とご自分を何とか盛り立てようとされるお姿は、辛い事から目をそむかず、真摯に今という時間を生きようとされている印象を受けます。

 

そのひたむきな生き様には頭が下がる思いがします。

 

ただ、無意識に過去に気持ちが戻ってしまわれるということは、恐らく投稿者様にとって彼の存在はとても大きく、特別な存在だったということなのでしょうか。

 

そのために彼を失った事へのショックと傷つきが、半年を過ぎた今も大きく残っているのかもしれませんね。

 

一般的に失恋で、

 

「終わった恋なのだから次に行こう」

「もう彼のことは好きでも無いし、思い出さないようにしよう」

 

と思うことは、過去の彼を好きだった自分を否定することになると言えるでしょう。

 

ですが、それはそれ以上に好きだった彼のことを否定することになります。

 

でも投稿者様は違います。

 

今も「あぁしていたら違ったかもしれない」と心の中で苦しんでいらっしゃり、その苦しみは実際に締め付けられているかのように感じるほどです。

 

しかし、過去の彼を好きだった自分を否定してはいないし、むろん彼のことも否定していません。

 

もしかしたら、過去の彼を好きだった自分も、投稿者様のことを好きでいてくれた彼のことも、今も投稿者様の中ではとても大切なこととして心の中にあるのではないでしょうか?

 

だからこそ、彼のことを好きだった自分も、自分のことを好いてくれた彼の事も、忘れるのを忍びなく思うご自身がどこかにいるのかもしれませんね。

 

そういう点で投稿者様は、ご自身が思っている以上に思い出を大切にされる方なのでしょう。

 

私が思うのは投稿者様にとって、別れてからの彼への思いなどを口を挟まれることなく、誰かに聞いて貰う機会が果たしてどれくらいあったのだろう、ということです。

 

骨折だってただ放置していたら治らないのと同じで、心の深い傷も必ずしも時間が解決してくれるとは限らないでしょう。

 

もしも別れてから幾分か時間も過ぎてるし、今更友達に話すのは・・と思われるなら、カウンセリングのサービスを使われるのも1つの方法です。

 

私は前回投稿頂いた時に、今できることは苦しくとも耐えることだとお伝えさせて頂いたように記憶しています。

 

投稿者様は私からお伝えしたのがおこがましい程にしんどい状況に耐えていらっしゃり、本当にその姿勢には見習うべきところが大きいように感じます。

 

けれども、耐えるということを考えた時に、彼を忘れようと思ってできるだけ「今」に気持ちを集中させることだけが、耐えるということになるわけではないでしょう。

 

覆水は盆に返らないのかもしれないけど、今の「あの時~してればよかった」という思考を深めておくのも、この先同じことが起きた時に同じ轍を踏まなくて済む大事な時間なのではないでしょうか。

 

人はどんなタイミングでどう再会するかわかりません。

 

もしも、次に彼に再会することがあったら、どんなご自身でありたいでしょうか?

 

今の苦しみの時間は、もしかしたらそうやって自分を高めるためにあるのかもしれません。

 

応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る