来週から復職…嫌な部長が近くにくるとつい逃げてしまいます

2017.09.04公開 2018.05.22更新
渡辺綾

回答者
渡辺綾
施設心理士

ご質問

こんにちは。休職中、紹介していただいたTFT療法を試してみました。

 

産業医面談も終わり、試し出勤も終了しました。来週から復職することになりました。

 

きっかけとなる部長が近くにくると逃げてしまい、いざ本番となるとなかなか難しかったです。

 

かかりつけの病院では薬物療法のみで心理療法はしておらず、主治医にカウセリングを受けた方がよいかと聞いてみました。

 

主治医から自分にあうカウセリングをしてもらえる所を探して、カウセリングをしていく中で、答えが見つかるかもしれませんね。と言われました。

 

部長に会ったときの体の違和感も覚悟をもってのぞめば大丈夫だとも言われました。

 

自分はこの事を問題だと思うから問題で、問題ではないと思えばよいと自分に言い聞かしていますが、なかなか難しいです。

回答

こんにちは。その後どうされているかな?と思っていたところでした。

 

ご投稿いただきありがとうございます。

 

復職されるとのこと。この間ゆっくり休めましたでしょうか。

 

慣れるまでは、エネルギーが必要となり、しんどい思いもされるかもしれませんが、時間が解決してくれる部分も大いにあるでしょう。

 

無理せず、少しずつ身体を馴染ませてくださいね。

 

また、ご提案させていただいた、TFT療法を試してくださりありがとうございました。率直な感想はいかがでしょうか?

 

実際に部長に会うと、違和感や難しさも感じられたとのこと。

 

実践となると、頭で思い描いていたようにはいかないことも出てきますよね。

 

その時に感じた違和感や不快感を0から10で数値化してみてください。

 

8くらいあるかもしれませんし、10以上だと感じるかもしれません。

 

その感覚に焦点を当て、TFT療法を数値が下がるまで、繰り返し実践していただけたらと思います。

 

数値が2、もしくは少し感覚が残っている程度か、焦点が合いづらくなったあたりまで下がったら、ガミュートをタッピングしながら、顔を動かさず視線だけを床から天井までゆっくり10秒かけてあげていきます。

 

コップから水が溢れるように、ストレスフルな状態だと症状が溢れ出てしまい、意思とは無関係に目的達成の邪魔をします。

 

投稿者様がより良い状態で物事に対処していけるよう、都度上手にリセットしていただけたらと思います。

 

何かわからないことがありましたらいつでもご投稿ください。

 

TFT療法を取り入れる事で投稿者様の日々のセルフケアをサポートしてくれるものと思っています。

 

日本TFT協会のURLをご紹介しておきます。こちらの動画は震災を受けた方向けになっていますが、手順はトラウマ治療と同じ手順ですので、試してみてください。

 

1日も早く、不快な体験から解放できますように。くれぐれも無理のないようにご自愛くださいね。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る