うつ病の原因はなんですか? なぜ、うつ病になってしまうのでしょうか?(20代・女性)

2016.07.03公開 2017.03.28更新
杉山崇

回答者
杉山崇
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1
ご質問

うつ病の原因はなんですか?

なぜ、うつ病になってしまうのでしょうか?

回答

ご質問ありがとうございます。

 

うつ病の生涯罹患率(一生の間に一度以上は重たいうつ病に悩む割合)は10%〜20%と言われています。

軽いうつ病やちょっと長いうつ状態に悩む人を入れたら、うつ病に悩まない人のほうが少ないくらいです。

 

もちろん、なりやすい人、なりにくい人の違いもありますが、「ある条件」が揃えば、ほとんどの人がうつ病になるように作られているのです。

 

その最大の条件とは「立場の危うさ」です。

これは偉い人、偉くない人、関係ありません。

社会的存在である人は、自分の立場が不安定になると脳が危険信号を発します。

 

しかし、私たちは立場が不安定であっても簡単に逃げるわけには行きません。

そして、危険信号は苦痛をともないます。終わりの見えない苦痛に疲れ果てて、うつ病になるのです。

 

言い換えると、うつ病は、「生きる社会や立場、そして生き方に無理がないか、見直しましょう…」という心のメッセージです。

 

うつ病から回復した人たちは、回復とともに新しい生き方や人生観を見つけています。

そのお手伝いができるのが、私たち臨床心理士の喜びです。

杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1

関連記事