うつ病が辛くて苦しい…どうすれば良いの?

2016.07.03公開 2016.07.19更新
杉山崇

回答者
杉山崇
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1
ご質問

うつ病が辛くて、悲観的になってしまいます。

どうしたら良いでしょうか?

回答

ご質問ありがとうございます。

あなたには、今のあなたの人生がどのように映っているでしょうか。

これまでの人生で大切に育ててきた何かが根こそぎ抜き取られ、荒れ果てた荒野のように映っているのでしょうか。

 

抜き取られた何かは、大切な人だったり、信頼関係だったり、名誉だったり、夢だったり、愛情だったり、誇れる実績だったり、さまざまだと思います。

 

人はずっと同じでは生きられませんが、生きていると失いたくないものも出てきますよね。

人生はときに残酷で、あなたの気持ちに関係なく、あなたの大切な何かを奪い取っていきます。

ここで為す術もなく立ち尽くす状態がうつ病です。

 

ですが、悲観しないでください。抜き取られた何かは本当に残念ですが、抜き取られたからこそ、次の何かをあなたの人生で育てることができるのです。

 

暴力的に抜き取られたショックで、今は次の何かを育てる気力もないかもしれません。

もう何も育てられないと…嘆きたくなるかもしれません。

 

でも、人生という畑は最後の一瞬まで何かを育てることができます。あきらめないでください。

私たち臨床心理士と一緒に、次に何かを育てましょう。

 

うつ病は次の人生の種まきの準備なのです。

杉山崇

杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

神奈川大学人間科学部 教授
学習院大学大学院人文科学研究科修了。精神科、教育委員会、産業カウンセリングなどで20年あまり心理職を務める。日本学術振興会特別研究員、山梨英和大学准教授などを経て、2013年より現職。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1

関連記事