頭が働かない原因は?悪循環から抜け出す2つの方法

2016.07.03公開 2018.04.15更新
梶原成子

回答者
梶原成子
臨床心理士

ご質問

必要があって、ある特定の物事について考えようとすると、「空白」としか言いようがない状態になってしまうのが悩みです。

 

脳が一時停止状態のような、1ミリも回転しない感じで何も浮かんでこず、考えることを拒否する感じです。

回答

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

考える必要のあることが、考えられないということで、とてもお困りのことと思います。

 

「考えることを拒否する感じ」と表現されているように、きっと、それを考え進めることへの辛さや苦しさ、不快感があるのではと想像します。

 

そこから抜け出すためには、二つの方法があるように思います。

 

一つは、そこから一度離れてみるということです。

「考えよう」

「考えなければいけない」

「向き合わなければいけない」

と思えば思うほど、どんどん苦しさが募り、思考が狭くなって考えられなくなりがちです。

 

体を動かしたり、安心できる人と過ごすなど、くつろげる時間を持ってみましょう。

体がくつろぐと頭も動き出しやすくなりますよ。

 

もう一つは、先ほどの方法よりも難しいかもしれませんが、今の膠着した状態から一気に転換できる方法です。

 

今の状態をポンと超えて、考えた後自分にとってどのような良いことが起こるのかを想像してみるという方法です。

 

仮に頭が動いてパッと考えることができたとしたら、その後では、どんな風な自分になっているでしょう?

 

新しい何かを身に付けているかもしれません。

また新しい生活が始まっているかもしれません。

 

良い未来のイメージがわけば、先に進むエネルギーがわいてきます。

それだけではなく、先に進むための違ったアイディアも見つかるかもしれません。

 

「一人でそんなこと考えられないよ」

「他にも方法があるんじゃないの」というふうに思う時には、専門家に相談してみると良いかもしれません。

 

きっと何かの糸口が見えてくるでしょう。

今の苦しみから抜け出し、未来の展望が開けていくことを願っています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事