元々ネガティブで感情の波が激しい…考え方や性格を変えるには?

池上枝里子

回答者
池上枝里子
正看護師 キャリアコンサルタント

ご質問

自分の感情の波の激しさにとても悩んでいます。

 

元々、性格的にはネガティブな方なので、これまでも悩んだり落ち込む事は沢山ありました。

 

ですが、社会人になって3年目。

 

特にこの1年は本当にひどく、去年の6月は仕事も気持ちが全く乗らず、プライベートでも彼との別れや、親族の病気などが重なり、最低まで落ちてしまいました。

 

それは1ヶ月ぐらいで落ち着いたのですが、波の激しさは変わりません。

 

楽しく、気持ちが落ち着いている時もあります。

 

しかし何か小さな事でも気になってしまったり、また周りの人や職場の先輩に言われた一言などで、とても落ちてしまいます。

 

去年から、母と2人暮らしになり、自分の気分によって、仲良く話せなかったり、無言の日があったりと、態度に出てしまい、それも時に苦しくなります。

 

申し訳なさはあるのですが、楽しく話せる気力がありません。

 

毎日辛い事ばかりではなく、楽しい事ももちろんあり、その間は心から楽しく過ごせます。

 

でも少しした事で気持ちが下がったり、周りの態度や声が気になって悪く考えてしまったり…。

 

自分の事を周りの人はどう思っているのかなども凄く気になります。

 

考え始めると、しばらく悪い考えが止まりません。

 

自分のこの性格が本当に嫌で嫌で、いつか今の彼や家族に嫌われるのではないかと思います。

 

少しネットで調べた所、非定型うつ病ではないかと思ったのですが、これはただの自分の性格かもしれないと、わかりません。

 

一度、病院に相談した方がいいのでしょうか?

 

去年の経験から、また今年も6月が来ると思うと今これ以上の苦しさが来るかもしれない事に恐怖を感じます。

 

仕事も続けるつもりですが、強い人が多く、女性の職場なので、いつ心が折れてしまうかも怖いです。

 

どうしたらこの考え方や性格を変えられるでしょうか。

 

長々とすみませんが、よろしくお願いします!

回答

ご投稿を拝見しました。

 

昨年の6月は、梅雨の抑鬱な時期と重なり、彼との別れや親族の病気と、大変な時期を過ごされましたね。

 

最低まで落ちても、よく頑張って辛い時期を乗り越えてきました。

 

今年の6月を、今から心配に思うほど、辛かったのだろうと拝見しました。

 

しかし、昨年とは違う今年が来ること、同じことは起きないことを、ぜひ、覚えておいて下さい。

 

さて、感情の起伏が激しいのには、いくつかの理由があるようです。

 

もともと、ネガティブであり、落ち込むことが多かったなら、人からの評価が気になり、人の言葉に一喜一憂してしまいやすいことが考えられます。

 

もともと、素直であるのかもしれませんね。

 

また、自分の気持ちを表現するのが苦手で、ストレスを溜め込んでいることがあるのかもしれません。

 

そこでお伝えしたいのは、「自分軸」「相手軸」と言う考え方です。

 

相手軸とは「相手の為に行動する」といった考え方です。

 

自分軸とは「自分の為に行動する」といった考え方です。

 

相手軸だと、相手の為に行動するので、相手からの評価や言動が、とても気になります。

 

しかし、自分軸で自分の為に行動するとなると、自分がしたいからしたことなので、相手の言葉を必要以上に気にすることはなくなります。

 

なぜなら、自分がしたいから、相手の為に行動する、

 

「相手の評価を得たくて行動する訳ではなく、自分がしたいから、相手の為に行動する」

 

からです。

 

そんな風な考え方が身に付くと、相手の言葉に一喜一憂しなくなるし、自分の為に行動するなら、ストレスも溜まりにくくなります。

 

たとえ、相手の為に行動する時でも、自分がしたいと思える理由を見つけるといいかもしれません。

 

また、自分の気持ちを表現するには、Iメッセージといったコミュニケーションがあります。

 

誰かの強い発言を受けて、折れそうになったら、

 

「そんな風にきつく言われると、私は、萎縮してしまいます。穏やかに話していただけませんか。」

 

と伝えていくことです。

 

ちょっと、勇気がいることですね。

 

しかし、強い人が多い職場では、自分の主張ができることも必要かと思います。

 

Iメッセージは、自分の気持ちを伝えるだけなので、相手を批判したことにはならないため、相手も、受け取りやすくなります。

 

あなたの感情を押さえ込んで我慢するだけではなく、あなた自身を大事にしながら、相手も大事にするコミュニケーションです。

 

また、好きなアロマでリラックスをしたり、好きな音楽を聞いたりと、毎日、意識して、自分の好きなことをする時間をとり、ストレスを発散する習慣がつくといいですね。

 

自分の考え方を変えたり、行動を変えると、感情の感じ方や強さも変わることがあります。

 

そして、自分で自分を守る、セルフケアも大切です。

 

しかし、何かをしたから、魔法のようにすぐに変わるのは難しいもの。少しずつ、できることから取り組んでみてくださいね。

 

また、感情の起伏が激しいことが、日常の生活で何かしらの支障があるなら、受診を考えてみて下さい。

 

あなたのことを、心から応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る