恋愛にコンプレックス…これまで一度も恋愛したことがないです(20代・男性)

2016.07.04公開 2016.12.08更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0
ご質問

私は21歳の大学4年生です。恋愛にコンプレックスがありますが、とにかく恋愛してみたいです。これまで一度も恋愛したことがないです。

 

別に不利益はないですし、真っ当な人であればそれを馬鹿にしないこともわかってます。

相手の必要なことですから焦って努力しても意味がないこともわかっています。

 

しかし、頭ではわかっていてもどうしても焦ってしまいます。

「21歳で童貞なのはどうなんだろう」「社会人になっても恋愛経験がないのはどうななんだろう」と恋愛にコンプレックスを感じてしまいます。

 

世の中やメディアに煽られるというより、大学内でカップルを見るたび焦ります。

 

一生恋愛もせず独身かもと思いますし。どうすれば落ち着けますか?

回答

ご質問ありがとうございます。

まず、「恋愛してみたい」と素直に思えることは、とても素晴らしいことです。

是非、そのお気持ちを大切にして下さい。

 

とは言っても、あなたの中にある「焦り」が、余計にあなたを焦らせてしまうようです。

そもそも、「恋愛」というのは、母親との関係をなぞっていくようなものです。

 

ですから、この「母の愛」というものに信頼を持てている人とそうでない人の間で、恋愛に対する不安の程度に差が出てきます。

 

「お母さんが私を愛しているのは当たり前!」と思える人の方が、楽々と人を愛することが出来ます。

 

ところが、母の愛を信じられるような状態になかった人は、どうしても相手の中に「自分を迷惑に思っている証拠」を探して、否定的にものを考えていってしまうのです。

 

あなたの場合は、どちらでしょうか。 たとえ21歳までに、恋愛経験が一度もなかったとしても、母の愛に信頼を持てている方が、長い目でみると「幸せ」をたぐり寄せることができると思います。

 

また、心理学では、「他人に惚れるには、まず自分自身に惚れこむ」というルールがあります。

 

相手の中に何を見るかは、自分の心をのぞくことでもあります。

相手の中に発見したものを愛せるかどうかは、自分自身を愛せる能力にかかっています。

 

相手を抱きしめられる人は、自分自身を抱きしめられる人でもあります。

 

一方、自分の中の何かを解除して、否定している人は、その部分を誰かの中に見た時、その人を抱きしめられません。

 

今現在、あなたにとっての恋愛対象がいないようであれば、是非、「自分自身に惚れ込む」練習をしてみてはいかがでしょうか。

 

今は自分磨きに専念するという充電期間として捉えなおしてみることも、自分を落ち着かせる上で大切なように思います。

佐藤文昭

佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

 

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

 

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連記事