学校生活が辛いです。毎日、あと1歩で発狂してしまいそうです(10代・女性)

2016.07.04公開 2016.11.25更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1
ご質問

毎日の学校生活が辛いです。毎日、あと1歩で発狂してしまいそうです。

 

毎日もう無理、限界だと思いながら過ごして2年以上が過ぎています。

何か自分から変化を起こさなければ変わらないと思うのですが、何をどうしたら良いか分かりません。

 

とにかくもう本当に毎日発狂してしまいそうです。

一度勇気をだして精神科を受診したのですが、上手く感情を伝えられず結局何も解決へ向かうことができませんでした。

 

もうどうしたらいいか分かりません。

今の状況から逃げたら、きっとその時は良かったと感じると思います。

 

しかし現実的に考えると、逃げたらもっと苦しいであろう状況が待っていて、きっとではなく絶対後悔すると思います。

 

そのため今の状況に耐えていくしかないと思うのですが、毎日もう無理だと感じてしまいます。

自分が弱すぎて本当むかつくのですが、もう本当に耐えられそうにありません。

 

耐えられないのなら、今の状況に耐えないで逃げるという選択を諦めてするしかありません。

しかしなかなか諦めがつきません。自分でも諦めが悪くて、本当嫌になります。

 

どうしたら限界に耐えていけるのでしょうか。またどうしたら諦められるのでしょうか?

回答

ご質問、ありがとうございます。

 

今にも発狂してしまいそうな中、辛く苦しい学校生活を2年以上も送られていることは、それだけでとても立派なことだと思います。

 

しかも、その辛さを何とかしようと思い、勇気を出して精神科へ受診にも行っています。

 

結果はどうであれ、あなたには自分の問題を認識して、何とかしようと行動する力が備わっていると思います。

あなたは決して弱いわけではありません。むしろ忍耐強いと思いますよ。

 

さて、「どうしたら限界に耐え続けていけるか。どうしたら諦められるか」というご質問ですが、この二つの質問の答えにはある共通点があります。

 

それは、自分の目標やこの先の方向性をある程度持っているかどうかということです。

 

耐え続けることの先に、自分のやりたいことや目標があれば、耐え続けることはその目標に到達するための試練としてプラスに捉えることが出来ます。

 

諦めることも同様です。

 

先を見据えた上で、今自分が直面している辛さに、なんらかの意味を見いだすことが出来ないようであれば、諦めることが出来ます(これは決して逃げではありません)。

 

いずれにしても、「耐え続けるのか。諦めるのか」という決断をされる前に、学校生活の先にあるあなたの将来について考える機会は必要になるでしょう。

 

一人で考えることが難しいようであれば、精神科よりもハードルの低いカウンセリングルームや心理相談室、あなたの学校にもいるであろうスクールカウンセラーに一度相談されてみてもいいかもしれません。

 

上手く感情を伝えられないことは、もどかしさがあるかもしれませんが、あなたの場合、感情を表現できるようになるまでに少し時間が必要なのかもしれません。

 

最低5回くらいは通ってみながら、ゆっくりと相談されてみるといいかもしれません。

 

繰り返しますが、あなたには自分の問題を認識し、何とかしようと行動する力が備わっています。

 

もう一度、この力を信じて行動にうつしてみて下さい。応援しています。

佐藤文昭

佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1

関連記事