仕事が精神的に辛い気持ちを思い出し、働くことに前向きになれません

2017.02.11公開 2018.05.07更新
渡辺綾

回答者
渡辺綾
施設心理士

ご質問

仕事が精神的に辛かった当時の気持ちを思い出し、「私は働くことができるのだろうか」「またあんな風になるのは嫌だし本当に辛い」と思ってしまい、働くことに前向きになれません。

 

以前働いていた頃、

・肩、足首、足裏、腰、右腕など、体の疲れや痛みがとても耐えがたかったこと

・帰宅後しばらくして、疲労感がすごく、立っていられなくなること

・ 入浴すると更に疲れること

にとても悩まされていました。精神的にも辛かったです。

 

現在、生活は親に助けてもらっていますが、いつまでも頼っていられませんし、自立して元気に働きたいです。

 

どう考え方を変えたらいいのでしょうか。

回答

ご投稿拝見いたしました。

 

以前のお仕事が精神的に辛かった事を思い出し、前向きになれないとのこと。

 

業務内容によっては、身体にかかる負担が大きく、それが精神的に辛く感じる事もありますが、逆に精神的に大きな負荷がかかると、心身症と言って、体の不調が出る場合があります。

 

それは、吐き気や下痢、身体の痛みや発熱、その他様々な病気を含みます。

 

帰宅後と入浴後に疲れを感じやすいとの事でしたが、きっと職場では非常に気を張った状態だったため、それが緩んでどっと疲れを感じられていたのではないかと思います。

 

ご投稿者様の身体が1番ですので、合わない職場で我慢や無理を重ねる事なく、大事をとられる選択をされて良かったと思います。

 

今後に向け、前向きになれないのはまだ心が傷ついた状態だからではないかと思います。

 

時間も経っており、頭ではある程度整理ができていても、感覚や感情は何かしらの形で残ることがあります。

 

就労相談で、適正検査を受けられるところもありますので、自分の向き不向きを知り、向いている職業の中でも、自身が働きやすい職場を優先して選んでいかれてはいかがでしょうか?

 

また、併せてセルフケアを行う事をお勧めいたします。

 

呼吸法など様々ありますが、ご自分で簡単にできるうえ、副作用のないTFT療法を今回ご参考までに紹介いたします。 http://www.jatft.org/stress-caring.html

 

身体の痛みを含めて、不安、疲労感を都度解消する手助けになると思いますし、就労に対して前向きな気持ちになれると思います。

 

ご投稿くださった時点ですでに前向きな一歩を踏み出していらっしゃるように感じました。

 

ゆっくりとご自分のペースで、どうぞ無理のありませんように。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る