自己否定せず自分に対して過保護すぎるのは正しい思考回路ですか?

2019.03.08公開
菊池恵未

回答者
菊池恵未
精神保健福祉士

ご質問

ものすごく自分に対して過保護な自分が頭の中にいる気がする。

 

上司の注意や友人先輩からの助言等がたまに記憶から抜けていたり、気付いたら終わっていたりする。

 

あとから聞くと、そういうときは自分が多かれ少なかれ、傷つく内容のときが多い。

 

父親が怒鳴ったり軽く叩いたりで、言うことを聞かせようとするタイプだったので、それをやり過ごすためにそうなったんだと思うんですが、大人の世界で生きるには不便です。

 

アダルトチルドレンとかも少し調べてはみたんですけど、自己否定はしないというか、それも気がつけば違うことを考えているので、基本的には根拠のない自信があって楽しくポジティブに生きてます。

 

通院歴はなしです。

 

こういう人って他にもたくさんいるのかと、思考回路の回線の正しい繋ぎ方のアドバイスが欲しいです。

回答

ご相談ありがとうございます。

助言や指摘が記憶から抜けたり、話自体が聞こえなかったりするのでしょうか。

ご自身に対して過保護な面があると感じているのですね。

傷つく内容が耳に入らない、または忘れてしまっているのかもしれませんね。

このようなことがほかの人にもあるかというご質問ですが、程度の差はあれど人は「自分を守ろうとする反応」を持っています。

ご相談者様の場合は、社会生活において必要な場合でもそ…

残り:480文字

この続きをご覧になるには、
プレミアム会員へのご登録が必要です。

プレミアム会員になると使える機能
月額3,980円(1日約133円)
ご解約はいつでも可能です
  • メンタルヘルス相談
    過去分全て閲覧可能
  • カウンセラー相談室
    自分専属カウンセラーにいつでも匿名相談可能
    ※LINE対応・回数無制限・相談内容非公開
  • 悩みメモ
    コラム法での考え方の癖チェックが可能
    ※専属カウンセラーのフィードバック有り
  • セルフチェック
    うつ病・ADHDなどを手軽にセルフチェック
  • メールマガジン
    日常生活に役立つ心理学コラムを週2回配信
  • 広告非表示
シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事