就活に疲れました。就職出来なかったら…と考えてしまいます(20代・女性)

2016.08.09公開 2017.03.20更新
成田恵

回答者
成田恵
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0
ご質問

現在、就職活動をしていますが疲れました。いくつかの企業様でエントリシート選考を通過し、来週から面接が始まります。

 

しかし、選考を受ける前からすでに不安で眠れなくなり、選考が落ちて大学卒業時に就職出来なかったら..と考えてしまいます。

 

①選考が落ちてしまった時、どのように気持ちを切り替えたら良いのか教えてください。

 

ちなみに、今自分で行っている気分転換は、友人と会って話をすること、不安を紙に書き出すことをしています。

 

②自分に自信を持つ方法も教えてください。自己分析が足らないのか、周りには「あなたは大丈夫」と言われても自分に自信を持つことができません。

回答

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

 

就職活動が本格的に始まろうとしているのですね。 今後に大きく関わる期間なだけあって、感じる不安はとてつもないものでしょう。しかし、備えあれば憂いなしです。

 

ご質問いただいた2点について順にお答えしていきますね。

 

まず、1つ目の、選考に落ちてしまった時の気持ちの切り替え方法についてです。

 

現在実践していることと併せておすすめしたいのが、「すべてをプロセスとして捉える」というやり方です。

 

就職活動をしていると、一社ごとの結果によって、まるで自分自身が肯定/否定されたような気持ちになることがありますね。それはおそらく、その面接に合格することが「目的」のように感じられているからです。

 

本来であれば、就職活動はご自身の夢や社会人として達成したいことの「手段」であるはずなのに、いざ就職活動の真っ最中になると、視野がぐっと狭くなり、目的のように感じてしまうことが多いです。

 

そうなった場合には、一度思考を元に戻してみましょう。 まず「なんのために就職活動をしているのか」を考え、自分にとっての目的をはっきりさせます。 目的がはっきりしたら、それまでの道のりはすべて「手段」です。

 

もし面接がだめだったときには、それをプロセスとして捉え、 「ではどこを改善したら目的にたどり着けるだろうか?」を考えてみてください。

 

そうすると落ちてしまったことへの気分の落ち込みから、今後に向けて改善点を探す姿勢に変わりますよね。 このように、一つの結果を次へのプロセスとして捉えることで、気持ちを切り替えることにつながると思います。

 

なかなか一人では難しいと思うので、最初のうちはぜひご友人やご家族と一緒に取り組んでみてください。

 

 

次に、2つ目の自分に自信を持つ方法です。 これはまさに自己分析を徹底することが一番重要かと思われます。

 

これまでの人生でたくさん取り組まれたことがあったと思います。 一つ一つ丁寧に思い出してみて、自分の強み、いいところを洗い出してみてください。 ご家族や先生、ご友人などに聞いてみるのも自信につながると思います。

 

それと、自信は経験に即して養われてくるものだと思いますので、これからの就職活動を通して、たとえ結果が芳しくなかったときでも、改善点と合わせて、自分のよかったところを必ず見つけてあげるのも一つの方法だと思います。

 

ぜひご自身のいいところを自信に変えて、これからの就職活動を続けていってくださいね。

成田恵

成田恵

臨床心理士

心理相談室QueSera(ケセラ)代表

成田さんのインタビュー記事はこちら

心理相談室QueSera(ケセラ)代表

成田さんのインタビュー記事はこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連記事