父親の突然の死で、喪失感が痛烈で、立ち直れません(20代・女性)

2016.10.15公開 2016.11.30更新
池上枝里子

回答者
池上枝里子
正看護師 上級プロフェッショナル心理カウンセラー

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
2
ご質問

今夏、私は父親を自死で亡くしました。父はうつ病を患っており、自宅療養をしていました。

 

私は今、大学4年生です。女の子には珍しいかもしれませんが、小さい時からずっとお父さんっ子で、思春期のお父さん嫌いもありませんでした。

 

父のことはとても尊敬しているし、私は父に最も愛されていたと思っています。人生観や人間観も父親に似ました。

 

なので、父親を亡くした喪失感が非常に痛烈で、ひと月以上経つ今でも立ち直れていません。本当に自分の中の大切な何かを失ってしまった感じがしています。

 

まだ自分の生活をコントロールできている感じは残っているのですが、やはり波があって、気分のすぐれない日も2~3日くらいのペースでやってきます。元気モードの時と情緒不安定モードの時が交互にやってくるのです。

 

情緒不安定モードに突入すると、所構わず涙が出てきてしまいます。

 

そして、たまに胸が締め付けられるような思いがして苦しくなったり、それによってその場から動けなくなってしまったりします。涙を我慢をすると変に身体が緊張して手足が冷えたりします。

 

たとえ、元気モードの時でも

 

①予定なく父親の話をすることになる

②知り合い以上友達未満くらいの人の集まる場に参加する(妙に気をつかう)

③卒論の課題に追われる(プレッシャーを感じる)

④父親を想起させるものを見る、

 

という事があるとすぐに情緒不安定モードに突入してしまいます。

 

私にとって、④が1番厄介で、皮肉にも私は視覚による記憶力が良いため、ふとしたことで色々なことを思い出し、その時必ず父が亡くなってから葬儀が終わるまでの映像も再生されます。これが本当に辛いです。

 

逃げられるものからは逃げてしまおうかと思って、③の卒論だけは休学して卒業を遅らせればなんとかなるので、そうしようかなと考え始めました。

 

ただこんなことで休んでいいのかと思うこともあって、なかなか決めきれていません。

 

情緒不安定モードになるととても辛いので、なんとかしたいなと思うのですが、助けを求める先がわかりません。悲しみは消えなくてもうまく付き合っていけるようになりたいのですが、精神科に行けばなんとかなるのか、はたまた他のところなのかが知りたいです。

 

ちなみに私は実家で暮らしています。

 

母親には休学しようか悩んでいることは伝えましたが、あまり私の心中を明かしていません。私のことを深く理解してくれる人だとは思ってないためです。私はどうしたらいいのでしょうか。

回答

ご質問、ありがとうございます。

 

尊敬しているお父様を亡くされて、さぞ、お辛いことと思います。その中で、精いっぱい自身を見つめて生活されていらっしゃること、よく頑張ってこられたと思います。

 

情緒不安定になると、所構わず涙が出てきてしまうとのこと。

 

お父様を亡くされてからの悲しみが、まだ、十分に癒されていないことでしょう。あなたにとってお父様の存在の大きさを考えると、時間の経過に関係なく、ごく自然なことと思います。

 

ご自身でも振り返られているように、プレッシャーがかかったり、気を使う状況になると、悲しみで満たされたあなたの心には、それらを受け入れる余裕がなく、涙を流すことでお気持ちを癒しているのだと思います。

 

状況を理解することと、感情は別なことが多いのです。

 

もし、お父様のことを話してもいいと思えるならば、お父様を亡くした悲しみを一緒に寄り添ってもらえる、心の専門家のカウンセリングを受けることをおすすめします。

 

病院でカウンセリングの機関がない場合には、お話ができる十分な時間が取れずに、お薬が処方されることも考えられます。

 

もし、話すことが辛くても、様々なアプローチで、あなたの心にある悲しみを、少しずつ癒していくこともできるのです。

 

そうやってお気持ちを癒しながら、カウンセラーと一緒に、休学を含めた生活について一緒に考えていくのはいかがでしょうか?ぜひ、お住まいに近いカウンセリングルームを検討されてはいかがでしょうか。

 

自分を見つめることのできるあなたなら、きっとこの悲しみを乗り越えていけることと思います。心から応援しています。

池上枝里子

池上枝里子

正看護師 上級プロフェッショナル心理カウンセラー

スマイル・ココロオフィス 代表

池上さんのインタビュー記事はこちら

スマイル・ココロオフィス 代表

池上さんのインタビュー記事はこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
2

関連記事