いろんな噂に悩んでいる…ストレスを軽くするには?

2018.08.20公開 2018.08.27更新
倉本梓

回答者
倉本梓
臨床心理士

ご質問

はじめまして。

 

小学生の娘2人と旦那の四人家族です。

 

私は家で仕事をしながら育児をしております。

 

結婚後、難病になり、投薬をしながら出産しました。

 

・子どもに手がかかったこと
・難病が悪化したこと、
・人間関係が元々苦手だったこと
が重なり、長女が幼稚園を途中で退園し、保育園にいれたことから始まりました。

 

小学校に入るときに、引っ越したいと思っていましたが、旦那の反対もあり、うまくいきませんでした。

 

結局、色々な噂がたち、人間関係に悩むようになりました。

 

それが10年ちかく続いております。

 

何かある度に極度のストレスがかかり、落ち込み、浮上するまでに時間がかかります。

 

どうにか、この状況から脱却したいと思っています。

 

さまざまな噂があるコミュニティの中でのストレスをどのように軽減していけばいいでしょうか。

回答

はじめまして、ご相談ありがとうございます。

 

コミュニティ内での噂話に悩み、ご自身のストレス対処が難しくなっているのですね。

 

ご家庭もおありですし、環境を変えることもなかなか簡単ではないと思います。

 

よくこちらにご相談くださいましたね。

 

結婚後にご病気をされたということですが、現在の体調はいかがですか?

 

出産・育児はただでさえ大変ですから、ご病気を抱えながら本当にご苦労されてきたことと思います。

 

お子さんの転園も、さまざまな事情からの苦渋の選択ですし、なにより母親であるあなたがいちばん心苦しい思いをされていたのではないでしょうか。

 

本来であれば、そんなあなたをねぎらい、支えてくれる存在であってほしいコミュニティの仲間に、いろいろな噂を立てられたとのこと。

 

あなたの心細さやつらさを思うと、やるせない気持ちになります。

 

引っ越したいというあなたの希望を実現できず、ご主人に対しても距離を感じてしまったかもしれませんね。

 

いろいろな不安や不満を一人で抱えているのですから、ストレスに敏感になって当然です。

 

むしろ、時間がかかってもなんとか浮上できているあなたのがんばりに、頭が下がる思いです。

 

少しでもストレスを軽減できるよう、ストレスとの付き合い方を考えてみましょう。

 

ストレス対処のポイントは、原因と対処法を正しく判断することです。

 

たとえば、「試験に合格できるか不安」というストレスであれば、「勉強」という積極的な対処法がいちばん有効です。

 

でも、いじめなど理不尽な事態で苦しんでいる場合には、なんとかしようと自力で向かっていくより、まずは「身をかわす」ことが必要になることもあります。

 

噂話というのは、集団心理がはたらくのでとても厄介なものです。

 

している方にさして悪気はなくても、された方は孤立してしまうだけでなく、疑心暗鬼に苦しむことになります。

 

集団の中で「誰が」「何を」言っているか見えにくく、ご本人に対処のしようがないからです。

 

ですから、不安を感じる場面には無理に近づかなくてもよいと考えてください。

 

自分の心を守ることが、まずは最優先です。

 

あなたは決して悪くありません、ご自身を責めないでくださいね。

 

そのうえで、「集団」ではなく「個々」のかかわりを大切にしてください。

 

個々に接してみると、集団の中とは違った印象をもつこともありますし、信頼関係を築きやすくなります。

 

少人数の方が、場の空気を読みやすくなるというメリットもあります。

できれば、コミュニティの外にも、あなたの思いを気軽に話せる存在をもてるといいですね。

 

ご家族、昔の友達、趣味の仲間などだけでなく、今はインターネットを使って、趣味の合う人や同じ立場の人と気軽につながることもできます。

 

ブログで日々の思いを書くうちに、仲間が増えたという人もいました。

 

もともと人間関係が苦手とのことですが、もちろん、これを無理に変えようとする必要もありませんよ。

 

人に気を遣う人ほど、人と付き合うことにエネルギーを使うものです。

 

ですから、エネルギーを充電する方法さえ分かっていれば、無理に自分を変えなくても大丈夫です。

 

ゆっくりできる時間、現実から離れられる時間、自分の好きなことに没頭できる時間をもてるといいですね。

 

育児もありなかなか難しいと思いますが、1週間のうち1時間だけでも「今は自分の時間」と区切れる時間をつくれると、心置きなくリフレッシュできるかもしれません。

 

落ち込みが激しく生活に支障が出るような場合は、専門家への相談も考えてみて下さい。

 

身近なところでは、お子さんの小学校のスクールカウンセラーが活用できます。

 

私もスクールカウンセラーをしていますが、育児相談をきっかけにお母さまご自身の悩みをうかがうこともあります。

 

他の保護者はもちろん、先生にも内容を秘密にできますし、サポートが受けられる機関を紹介してもらえることもありますので、遠慮なく使って下さいね。

 

くりかえしになりますが、まずはご自分を守り、ケアしていくことが最優先です。

 

ご家族にとっても、お母さんが健康でいることがなにより大切なはずですよ。

 

あなたが安心して過ごせる日が一日も早く来るよう願っています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る