発達障害とトラウマ…事例と対策について臨床心理士が解説

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
14

発達障害の人が「やっかい者」として扱われている…。そんな状況を目の当たりにしたことはありませんか?

 

周囲の無理解によって、孤立し、時にトラウマ体験をする人も少なくありません。

 

そこで今回は、発達障害とトラウマについて、事例と対策について臨床心理士に解説してもらいました。

 

 

発達障がいへの理解が不十分な教育現場

発達障がいが、教育界や医療分野で認知されるようになって、まだ15年〜20年しか経っていません。

 

今日でも、まだ教育現場では発達障がいの子どもへの支援については徹底されておらず、地域間や個々の教員間で温度差や理解の隔たりがあります。

 

私がスクールカウンセラーでいろんな学校を回っていた数年前にも、親身になって熱心に発達障がいの子どもの支援に当たっている先生に対して、理解のない先生から心ない一言を浴びせられ、子どもと同様に傷ついている熱心な先生を職員室で見かけたこともあります。

 

 

発達障害がいの子どもは集団のやっかい者?

発達障がいのある子どもは、能力のバランスの悪さから、他の子どもたちといっしょに集団行動を行う際に、思わぬことが他の子と同様にはできなくて、本人も周囲も困ってしまう場面に遭遇します。

 

結果として、集団の足を引っ張る「やっかい者扱い」されることがあります。

 

 

やっかい者へのバッシング

そういう場面で、さりげない手助けをしてくれて素敵なサポートをしてくれる先生もおられます。しかし、何のサポートも入れてもらえないと、子どもの集団というのは残酷なもので、往往にしてこの種の子どもへのバッシングが起こります。

 

こうした出来事が何回も繰り返すうちに、発達障害のある子どもには「私は役に立たない」「私はダメ人間だ」「私は要らない」という否定的な自己認知が刷り込まれ、自己評価の低さや自尊感情の低さといった問題が作られていきます。

 

 

発達障がい特有のトラウマ

大多数の子どもにとっては大したことではなくても、発達障がいのある子どもにとっては深刻なトラウマ的な体験になることがあります。

 

発達障がいのある子どもによって、様々な能力バランスの特徴がありますので、傷つき方は様々です。

 

たとえば、聴覚系が過敏な発達障がいのある子どもに対して、部活の先輩が数人で取り囲んで、大声で怒鳴って指導する事態が発生したとします。

 

先輩方は良かれと思ってとった行動が、聴覚過敏の子どもにとっては地獄を経験したに等しい最悪の体験となりトラウマになりえます。実際にこうした出来事を機に、学校に行けなくなった発達障がいの子どもがいました。

 

 

人生で最悪の恐怖体験

先輩方にとっては、後輩を熱心に指導しただけのことで何も悪気があったわけでもありません。しかし発達障がいがあり聴覚過敏の子どもにとっては、人生で最悪の恐怖体験になります。

 

以来、学校に行くたびに完全に足がすくみ、この場面がフラッシュバックしたり、遠くの教室で先生が大声で指導している声が聞こえただけで、固まってしまう身体反応が起こって教室に入れなくなる事態が発生します。

 

そのたびに「私は役に立たない」「私はダメ人間だ」「私は要らない」という否定的な自己認知が頭の中に溢れてきます。

 

教室に入りたくても入れない状態を繰り返す中で、否定的な自己認知がどんどん強化されて苦しむようになっていきます。

 

 

EMDRという治療の選択肢

トラウマが放置され、そのまま大人になっても自己否定の言葉や過去記憶の侵入体験に苦しみながら生きている方は多数おられると思います。

 

こうした発達障がいにまつわるトラウマの問題は、EMDRを用いたカウンセリングを行うと解決を劇的にスピードアップできることがあります。

 

 

さいごに

今回は、発達障害とトラウマについて、事例と対策について臨床心理士に解説してもらいました。

 

トラウマとは、本人にとってみると、まさに「人生で最悪の恐怖体験」となる出来事と言えます。しかし、EMDRなど、問題の改善に向けた選択肢は存在するのも事実です。

 

もしご自身がトラウマに悩んでいるなら、ぜひ希望を捨てないでほしいと思いますし、周囲の方でトラウマに悩んでいる人がいれば、ぜひできることからサポートしてみてください。

 

 

【記事提供】

原賀原賀一敏 臨床心理士

詳しい情報・お問合せはこちら

 

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
14

関連記事