過去のトラウマもあり、仕事を変えたいです…どうすれば?

池上枝里子

回答者
池上枝里子
正看護師 キャリアコンサルタント

ご質問

気付いた頃から人に言われたキツイ言葉が何度もフラッシュバックします。

 

ただ「うざい。」と言われたこともずっと繰り返されます。

 

気付いたら涙が勝手に出ていたり、会社に行くのも少し気が重くなり出し、朝起きるのも苦痛になってきました。

 

仕事は週2でお休みがあるのですが、出勤時もあまり仕事がなく暇な状態で、やり甲斐を全く感じなくなりました。

 

現在怪我もあり、正常に接客も出来ず裏作業のみ行っているのですが、普段から余り忙しい部署ではなく、他部署が忙しい上とても気を使います。

 

家族にも辞めたいとは伝えていますが、3年は続けてと言うことで現在の体調だったりはいうことはありません。

 

精神科に自分から行く勇気もでず、こんな事で弱ってる自分が情けないと感じます。

 

日々思うのは仕事を変えたいということです。

 

もう少し忙しくやり甲斐の感じられる仕事がしたいと思うことばかりですが、去年の春入社したばかりなのが気がかりです。

 

最近では少し作業にイライラしていた職場の先輩から「これうざいんだけど。」と一言言われたことが今でもずっと頭の中で繰り返されてます。

 

その人の事を心から信頼する気持ちにはならないままです。

 

どうしてそんなことが言えるんだろう?自分なら言わないのにっていう気持ちと、言われたことのショックと。

 

月に1、2回テレビ見ているだけの日があったり、携帯をいじって過ごすだけの日があったり、一人の空間になると理由なく泣いてしまいます。

 

その時に「あ、なのかな?」とも思います

 

現在は怪我で3月に手術もあるのでそれが終わっても続けば診療も考えてはいます。

 

職業的に仕事を伝えると凄い、と言われることが多いのですが、

 

全く言われるほどの仕事はしていなく、ダラダラしているだけで凄いと言われることもプレッシャーだったりします。

回答

ご投稿を拝見しました。

 

今、一人の空間になると、理由なく涙を流していたり、ただ、テレビを見てしまうだけの自分に、「あ、鬱なのかな?」と思ったのですね。

 

きっと、今までに経験したことの無い感覚に、戸惑っていることと思います。

 

その背景には、仕事にやりがいが無く、先輩に言われた「これうざいんだけど。」の言葉もあるようです。

 

ストレスが大きくなると、理由なく泣いてしまうことも多いものです。

 

涙を流すことでストレスを発散して、あなたが意識できていないストレスを教えてくれているのです。

 

なので、少しでもストレスの理由が分かると、その対処もできて、ストレスも緩和することと思います。

 

仕事のストレスとは、仕事の内容が難しく忙しい時だけがストレスではなく、「自分の能力を十分に生かしきれていない」と思う時にも、大きなストレスになるもの。

 

その場合、自己評価も低くなり、苦しむこともあるのです。

 

ご投稿を拝見すると、「ダラダラしているだけで凄いと言われることもプレッシャー」との表現が気になりました。

 

この表現は、今までの「自分らしい」と思っていたご自身から考えると、今の仕事をしている自分はそこからは反していて、どこか否定的に捉えてしまっているように感じました。

 

仕事を通したご自身に対して、なにかしらの否定的な評価をしているようです。

 

さらに、就職をしたばかりなら、同年代の友人との会話でも仕事のことが多くなり、仕事を通した自分のイメージが「自分らしさ」や「自己評価」になることも多いと思います。

 

なのに、仕事をしているご自身を「ダラダラしている」と思うなら、自分への期待を含めて、どれだけがっかりしてしまうことでしょう。

 

しかし、人からは「凄い」と言われれば、不一致感があるのも最もですね。

 

そこで、あなたにとって「ダラダラしている」とは、どんな意味合いなのか。

 

また「うざい」との言葉でイメージされることの意味、今の自分との関係はあるか。

 

そんなことを考えてみるのも、自分を知ることになり、あなたが気付いていないストレスを知るきっかけになると思います。

 

「月1.2回、テレビを見ているだけ」が、本来の自分と比べて違和感があることで、「うつかも」と思わせる理由の一つのようですね。

 

いつものあなたは、忙しくしていることが多いのでしょうか。

 

すると、「ダラダラしている」ことは「マイナスなイメージ」で、それ以上に否定的な思いがあるのかもしれません。

 

そして、今までに「うざい」との言葉にまつわる嫌な経験がないのなら、今のご自分をその言葉で評価されたように感じてしまい、

 

ご自身でも今の自分と重なる意味を無意識のどこかで感じてしまい、気になっているのかもしれません。

 

そう考えると、自己評価が上がるような「やりがい」を感じられたなら、症状も変わってくるように感じました。

 

その為、ぜひ、仕事のやりがいを見つけられる方法を模索されることをお勧めします。

 

その方法は、会社を辞めて転職するだけではなく、今の部署で仕事を増やす、部署移動など、あなたが考える以上に手段はあることと思います。

 

しかし、新人のあなただけでは仕事理解が十分ではないので、ぜひ、会社の上司に相談をして、改善策を見出してほしいことと思います。

 

また、勇気をもって家族に相談し、協力を得ることも大事ですね。

 

そして、ご自身がやりがいを感じることはどんなことなのか、と考えてみて下さい。

 

たくさんの仕事をこなすことなのか、難しい仕事にチャレンジすることなのか。
そんな風に、自己理解を深めることもいいでしょう。

 

そしてあなたは、受診も考えているようですね。

 

うつにも、「普通の憂うつ」と「うつ状態」、そして「うつ病」と言われる様々な段階があります。

 

あなたの場合には、ご自身でも、「仕事を変えたい。もう少し忙しくやり甲斐の感じられる仕事がしたいと思うことばかり」と表現されていて、そこを我慢しているとご自身でも気が付いています。

 

すると、仕事の悩みが改善すれば、うつ的な症状も改善する可能性は高いですね。

 

よって、カウンセリングやキャリアコンサルティングも有効かもしれません。

 

悩みの解決行動を取る前に受診して、医師に辛い症状を伝えるだけだと、薬をもらうだけになり、悩みが解決しない場合には薬に頼ることになるのでは、と心配です。

 

しかし、ここでの投稿からお見受けした以上に症状が深刻な場合、また、「うざい」にまつわる経験がトラウマだったりしたなら、早めに受診することは効果的です。

 

よって、悩みも話せる様な、カウンセリングも整っている病院やクリニックにかかることをお勧めします。

 

症状だけでなく、仕事の悩みを含めて、医師やカウンセラーに相談をしてみて下さい。

 

あなたは、今までの経験から、素敵な個性と能力のある人です。

 

しかし、その個性と能力に適していない環境では、十分に発揮されないもの。

 

これからは、その能力を十分に発揮する機会がたくさんあることを信じて、自己理解も深めながら、適した働き方を選べることを応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る