中学の体験がフラッシュバック…どうしたら軽くなる?

加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

ご質問

中学生の頃、親戚の男性に無理やりキスをされそうになり、その体験が今でも頻繁に思い出すようになりました。

 

例えば、車に乗っている時や道を歩いている時に、その体験がフラッシュバックしてサーッと血の気が引いて吐き気がして、足元から崩れ落ちそうになってしまいます。

 

他の男性と親密な関係になっても、近付かれるだけであの事がフラッシュバックし、気分が悪くなってしまいます。

 

おかげで恋人関係が長く続いた経験がありません。

 

ニュースやドラマなどでレイプとかの表現があると、問答無用で思い出してしまうので、あの日からずっと自分からテレビを観る事はなくなりました。

 

家族にも友達にも相談出来ませんでした。

 

何故なら自分でも「たいした事されてない」と思うからです。

 

世の中には私よりもっと辛い思いをしてる人がいるんだと思うと、近しい人に相談する勇気がありませんでした。

 

現在は親元を離れて専門学校に通っているので、余計な心配をかけたくないです。

 

ですが、最近になって思い出す頻度が多くなってきました。

 

一度思い出してしまうと、数時間はその体験を何度も頭の中で繰り返してしまいます。

 

これ以上抱え込むのはきっと無理だと思い、相談させていただきました。

 

この症状はただのトラウマなのでしょうか?それともPTSDと呼ばれるものなのでしょうか?

 

病院に行く場合、何科を受診すればいいのでしょうか?

 

どうしたら軽くなるものなのでしょうか?

 

長文乱文失礼いたします。

 

お答えいただければ幸いです。

回答

はじめまして。投稿頂き、ありがとうございました。

 

ご相談を拝見致しました。

 

投稿者様は、中学生の時に辛い体験をされたのですね。

 

投稿者様は「大したことされてない」「自分より大変な人はいっぱいいる」とおっしゃっていますが、これは決してそのようなことは無く、大したことなのだと思いますよ。

 

また親戚の方だからこそ、苦しみをご自身だけで抱え込まざるを得なかったところも、あるのではないかと思います。

 

今回のご相談は

①ご自身の体験はただのトラウマなのか、PTSDなのか?
②病院に行くとしたら何科?
③どうしたら軽くなるのか?

についてですね。

 

ぜひ一緒に、考えさせて頂ければと思います。

 

さて①についてですが、投稿者様が体験されたことはトラウマティックな体験であり、症状として表れている点で、PTSDと言っても良いのではと思います。

 

さらに②については、行かれるのであれば心療内科や精神科になります。

 

③のどうしたら軽くなるかについては、可能であればカウンセリング、特にその中ではEMDR(イー・エム・ディー・アール)とよばれる手法のものを受けられると、望ましいのかなと思います。

 

少しEMDRについて説明すると、この手法はカウンセラーの指示に従って眼球を左右に動かすことで、トラウマティックな出来事等による過剰な覚醒(緊張、不安など)を、解消してくれる方法で、トラウマケアで高い効果を挙げています。

 

その原理について説明すると、人間はレム睡眠(夢を見る睡眠)で寝ている間に、実は細かく左右に眼球を動かしています。

 

そして、そうやって眼球を動かしている睡眠時に色々な体験を整理し、トラウマイベントからくる不安等を解消しているのだと言います。

 

それを起きている時にも行うことで、不安等の解消を進めましょうというのが、EMDRです。

 

ところがEMDRは、どのカウンセラーでもできるわけではありません。

 

また施術できるカウンセラーがかなり少ないのもあり、料金も高めです。

 

ただ私としては、受けられるならそれが、一番望ましいかなと思います。

 

ただ、そういったこともあるので、すぐに簡単に・・・とは中々いきませんよね。

 

そこでもう1つ、根本的な治療はカウンセリングで行うべきものですが、どうしても緊張が起こって・・・という時のために、1つだけ気持ちを穏やかにする方法をお伝えしておきます。

 

それはバタフライハグというもので、両肘の上くらいを、交際させた両手の平で、パタパタ・・と、一定のスピードで交互に叩く方法です。

 

人によっては肩くらいの方が良かったり、胸の少し上で両手の親指で、組んで蝶々のようにパタパタとさせるのがしっくりくる人もいます。

 

さらに、不安を静めたい時には早めにパタパタし、心を落ち着けたい時にはゆっくりパタパタすると、効果を感じやすいです。

 

投稿者様の苦しみが、少しでも軽減されるお手伝いになれば幸いです。

 

応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事